言語解析結果

【週末横ゲリワーク】2020_10_03_探偵案件(浮気/不倫)

第7回ワークの感想まとめ【一部】

ペン週末ワーク-【探偵・妻の浮気調査】感想
以前、ASPで探偵事務所が高報酬だったので提携してみましたが、いざサイトを作るとなったときに何を書いたら良いのか全然わからず辞めてしまいました。 今回、浮気調査のワークということで横ゲリ式でリサーチをしたら、サイトのイメージが湧くようなリサーチをすることができました。

ペン週末ワーク-【探偵・妻の浮気調査】感想
文春砲の影響でいま最も旬?な内容ですね。デメリットを考えても似たようなものになってしまい、3つ目以降に差異化できる内容が浮かばなかったです。

ペン週末ワーク-【探偵・妻の浮気調査】感想
浮気の調査を依頼するとなると、精神的に不安定で感情のブレが大きい状態なんだろうと想像します。安心感や落ち着きのある言葉が訴求力を持つのだろうと考えました。

ペン週末ワーク-【探偵・妻の浮気調査】感想
実際にしらべるまで、 『法廷でつかえない証拠がある』 『証拠がなかったときのお金は?』 『全国で需要がある』 といったことがわかっていなかったので、新鮮でした。ありがとうございます。 さしあたり、このあとフェーズ3のサイトを作ってみます。

ペン週末ワーク-【探偵・妻の浮気調査】感想
問題提起は浮気の兆候か浮気を確信した後かで迷った。ベネフィットはお客様の声が見つかったので簡単だった。キャッチコピーは思いつかなかったのでリスティング広告から持ってきた。

ペン週末ワーク-【探偵・妻の浮気調査】感想
自分が女性なので、男性の浮気のほうが多いのかな?芸能人の不倫も男性中心だし…と思いましたが、経済的な余裕は男性の方があるのでより成果が出やすいかもしれないなと思いました。 世の中が信じられなくなってきました…。ちなみに、ベネフィットを考えるのが一番難しかったです。浮気調査のベネフィット…発覚した時点で地獄のような気がします。

ペン週末ワーク-【探偵・妻の浮気調査】感想
久しぶりの参加になってしまい、キャッチコピーを作るのは初でした。(前回きちんと参加すればと後悔。。)どのくらいの長さが適切なのか、どういう言葉をいれるべきなのか考えるのが難しかったです。

ペン週末ワーク-【探偵・妻の浮気調査】感想
ボックス&ブレッドを作ることはいつもの事ながら大変だなと感じました。ボックス&ブレッドが決まっていれば、記事を書くスピードが格段にあがるので週末ゲリラワークはすごくありがたいです。不倫のジャンルをやってみて「女性の浮気や不倫」は確実に需要があると思っていたので今回のジャンルも大変だったけど取り組むのが楽しかったです。

ペン週末ワーク-【探偵・妻の浮気調査】感想
今までで一番難しかった印象。というのも"妻の浮気"というピンポイントであるため、広げにくい感じでした。でもその分、刺さるとキッチリCVできるのかなとも思いました。

ペン週末ワーク-【探偵・妻の浮気調査】感想
*最後のキャッチコピーの順番が「6」ではなく「5」と重複しています。 前回のワークも、ベネフィットや悩みなどがほとんど重複して別の表現になるだけで言い回しになってしまう部分がネックです。みなさんのワーク内容以外に、1テーマだけでも見本的なものがあると「あー、こういう風な感じか・・」とやりやすいです。

ペン週末ワーク-【探偵・妻の浮気調査】感想
知恵袋を読み込んでいて拙妻は大丈夫だろうかと不安になりました。浮気といえば男の習性なイメージでしたが、認識を改めました。妻に浮気された夫の悲痛な心の内に身につまされる思いがして、こうした悩みの深いところならコンバージョンも発生するだろうと、アフィリエイトの要点を再確認できました。

ペン週末ワーク-【探偵・妻の浮気調査】感想
調べていくうちにだんだん怖くなってきました(苦笑)

ペン週末ワーク-【探偵・妻の浮気調査】感想
はじめてのジャンル、初めてのワークで、作業もしどろもどろでしたが、とても勉強になりました。今回だけでもやってみてわかったことが非常に多かったです。普段の作業に取り入れて、アイデアの幅を増やしていければと思います。どうもありがとうございました。

ペン週末ワーク-【探偵・妻の浮気調査】感想
男と女いるかぎりこのジャンルは無くらないのではと思った。しかし料金が高いので成約率など低そうだなぁと思っていました。

ペン週末ワーク-【探偵・妻の浮気調査】感想
これまでのワークで一番ベネフィットや煽りの種類が思いつかず、捻り出すのが難しかったです。 後日共有される内容をみたときに、その種類の豊富さと質の高さにいつも感心してしまっています。 自分でいくら時間をかけても思いつけなかったものが多数あり、やはり他の方の脳みそを使えるのはかなり大きいと感じました。

ペン週末ワーク-【探偵・妻の浮気調査】感想
キーワード 体験談でフィクションか分かりませんがベネフィットのような情報がありましたので一部を載せました、まるでフェーズ3を見ているようでした 浮気調査は夫のみかと思いましたが妻も体験談が多く需要があるものと思いました 興信所も色々とサービスがあり隙間を狙えればまだまだお宝がありそうな雰囲気があることが勉強になりました キャッチコピーはやはり難しいです、一番時間が掛りました

ペン週末ワーク-【探偵・妻の浮気調査】感想
初めてワークに取り組みましたが、ここまで真剣に調査したことがなかったので貴重な経験になった

ペン週末ワーク-【探偵・妻の浮気調査】感想
つい、自分の夫は大丈夫なのかな、、、とか考え気が滅入るテーマでした。探偵に依頼して浮気に悩む人が少しでもなくなりますように。。。

ペン週末ワーク-【探偵・妻の浮気調査】感想
親の離婚や昔の彼女に浮気された経験からか浮気や離婚問題には敏感で、まとめサイトもよく読んできました。やはり、自分は人間関係を起点にしてアフィリエイトに取り組むのがよいと実感できました。

ペン週末ワーク-【探偵・妻の浮気調査】感想
浮気をしたからどうしたいのかが決まっていると書きやすい。離婚したいのか?復縁したいのかで煽り方が全然変わってくる。

ペン週末ワーク-【探偵・妻の浮気調査】感想
初めての参加で難しかったですが、取り組みたいジャンルだったのでやってみました!とても勉強になり、少し力がついたかなと思います。

ペン週末ワーク-【探偵・妻の浮気調査】感想
ベネフィットの部分が難しかった。結局、浮気がわかってしまったら、それ自体がマイナスになってしまう。なので、それを踏まえて、ある意味自分の気持ちが落ち着けるとか、浮気相手と別れさせるとか、前向きな部分を探すようにしてみた。

ペン週末ワーク-【探偵・妻の浮気調査】感想
ベネフィットがいつもに増して難しかったです。精神的なことを具体的に書きたいと思いながら、なかなかイメージ出来ず苦しみました。

ペン週末ワーク-【探偵・妻の浮気調査】感想
メリットの部分が、どのジャンルでも全体では想像できることがほとんど(無料相談、試用期間、サポートなど)なので、使い回しのようになってしまいます。他の項目もどこまで差別化するべきか、アドバイスがあればお願いします。

ペン週末ワーク-【探偵・妻の浮気調査】感想
前回(第6回)と合わせて考えるとテーマが違えど似通った悩み・共通した悩みがあることが分かった。 やり続けるほどに応用の利きやすい悩みワードが抽出できそう。 普段行わないジャンルを深く掘り下げることで 改めて人の悩みは場は広く存在することに気づいた。

ペン週末ワーク-【探偵・妻の浮気調査】感想
探偵事務所案件は報酬が高いことは知っていましたがなかなか手つかずにいました。 ワークをきっかけにいろいろと調べることができたのでよかったです。興味がない案件が続いていますが、それでもサイト作成ができるようにワークに励みました。コツを掴んできたので時間はかなり短くなっています。 今回はデメリットを考えるのが難しかったです。

ペン週末ワーク-【探偵・妻の浮気調査】感想
自分にとってタイムリーな話題ですTT

ペン週末ワーク-【探偵・妻の浮気調査】感想
初めて挑戦したので難しかったですが、やる前とやった後では考え方がかわりました、探偵に関しては不倫や浮気っていうキーワードに固執しそうになるのでもっと考え方をひろくもたないといけないと思いました

ペン週末ワーク-【探偵・妻の浮気調査】感想
この旦那さんが、奥さんのことをどう思っているのか?がとても気になりました。奥さんが大好き、そもそも奥さんと別れたいと思ってるのでは、大分話が変わりますよね。

ペン週末ワーク-【探偵・妻の浮気調査】感想
初めて参加したので、勉強になりました。浮気調査について少しわかったような気がします。

ペン週末ワーク-【探偵・妻の浮気調査】感想
最初はどのように書いたらよいのか、迷いに迷ったけど、箇条書きが埋まるうちに、面白さが増してきてとても良かったです。これからの毎週のワークが楽しみになりました。やってよかった\(^o^)/

言語解析結果↓

ワードクラウド


スコアが高い単語を複数選び出し、その値に応じた大きさで図示しています。 単語の色は品詞の種類で異なっており、青色が名詞、赤色が動詞、緑色が形容詞、灰色が感動詞を表しています。


単語出現頻度


文章中に出現する単語の頻出度を表にしています。単語ごとに表示されている「スコア」の大きさは、 与えられた文書の中でその単語がどれだけ特徴的であるかを表しています。 通常はその単語の出現回数が多いほどスコアが高くなりますが、 「言う」や「思う」など、どの文書にもよく現れる単語についてはスコアが低めになります。

共起キーワード


文章中に出現する単語の出現ハ゜ターンか゛似たものを線て゛結んた゛図です。出現数か゛多い語ほと゛大きく、また共起の程度か゛強いほと゛太い線て゛描画されます。

2次元マップ


文章中て゛の出現傾向か゛似た単語ほと゛近く、似ていない単語ほと゛遠く配置されています。距離か゛近い単語はグループにまとめ、色分けしています。


係り受け解析


係り受け解析では、「名詞」に係る「形容詞」「動詞」「名詞」についての解析結果を表示します。 「スコア」は、出現回数やその係り受け関係が全組み合わせのうちに占める割合などを複合的に判断し、独自に算出した数値です。 「スコア」が高いほど、よりその係り受け関係が重要であることを示します。 また、単語の後に「(否: 50%)」 などとついている場合、 集計された係り受け関係のうち50%が否定表現(例:「高い」→「高くない」)として使われていることを意味しています。 ネガポジは名詞にかかる形容詞がポジティブ(ネガティブ)な単語かどうかを表しています。

階層的クラスタリング


文章中での出現傾向が似た単語をまとまりとしてとらえられるよう樹形図で表したものです。グループは色分けして表示しています。


-言語解析結果

© 2021 週末ゲリラワーク