言語解析結果

【週末横ゲリワーク】2020_10_10_不動産一括査定【離婚による即金・財産分与】

第8回ワークの感想まとめ【一部】

ペン週末ワーク-【離婚・不動産査定】感想
自分のリサーチ力不足かもしれないが、「マンションを売却することに決定」という設定がちょっとやりにくかった。「売却するか迷っている」という心の迷いのある状態なら、問題提起やベネフィットにつながりやすいと思った。難しかったが色々と考えてなんとか書いてみました。

ペン週末ワーク-【離婚・不動産査定】感想
離婚前提ということでなかなか難しかったが、訪問者の背景まで考えて探すいい練習になりました。

ペン週末ワーク-【離婚・不動産査定】感想
なるほど、車、保険や引っ越し意外にも不動産の一括査定サービスがあるのですね。離婚による財産分与は売却が前提のようです。なので、キーワードも離婚より売却に焦点を当てて考えました。

ペン週末ワーク-【離婚・不動産査定】感想
このジャンルというよりも、今回からこのワークに参加したものです。箇条書きといえども具体的となると文章となったので、それがあっているのかどうなのかもわかりませんでしたが、とにかくまずはやってみないとワークに参加しているほかの人たちがどのようにしているか、どのような考え方なのかもわからないので、今回はとんちんかんな回答をしているかもしれませんが、とにかくやってみたというところが本音です。このジャンルのワークをやってみた感想ということでいえば、ターゲットとなるユーザーの立場、現状が複数考えられることから、横展開とてしてはしやすいジャンルなのかもしれないと感じた。

ペン週末ワーク-【離婚・不動産査定】感想
不動産査定、財産分与、、一度も調べたことがないワードでした。調べてみると専門的なワードもたくさん出てきて煽るようなデメリットや共感を得る悩みを調査するのが難しかったです。参考にしたサイトがどれも専門的だったのでこれ挑戦できるのか。。と不安になりました。笑 自分もまだ完璧にできているわけではないですが・・・皆さんの集計データをみて「これは少しズレてる?」「こんな言い回しがあったか!」などいろんな気づきがあります。文章を考える上での着眼点などなど。。 前回の浮気調査ワークでは全く当事者でない自分でもこれは心動かされる!と思った言葉もあって非常に勉強になりました。他の方と自分の考えた文章を比較検討できる機会はそうそうないので、ワークを提出したらしっぱなしにしないで目を通してみると新たな発見があります!

ペン週末ワーク-【離婚・不動産査定】感想
毎回取り組んだことのないテーマのワークは、適度に脳に汗をかくのにピッタリ。いままでは広告選びができずに止まってしまうことが多かったですけど、やってみるとどの案件も調査が苦でないことが体感できたので、ひとつのジャンルで稼げた後に横展会させていきたいと思ってます。

ペン週末ワーク-【離婚・不動産査定】感想
嫁の浮気のワークのあと、離婚時の不動産売買とは。。。なんだか気がめいります(笑) だけど、こうしたことって、ほんとすぐ解決したい悩みでかつ深ーーーい悩みだからお金につながるのでしょうね。またサイトをすぐに作ってみたくなりましたが、みなさんのワークもみて気づきを得てから作ってみます。

ペン週末ワーク-【離婚・不動産査定】感想
いつも、自分の知らなかった案件を知ることができて、おもしろいです。できれば、キーワード選定のワークなどもやってほしいです。

ペン週末ワーク-【離婚・不動産査定】感想
最近は、何でも一括査定できるんだと感心しました。社会のこと何も知らないな。。。自分。。。今まで、自分が使っていたもののレビューブログしか作っていませんでしたが、売ろうと思えばなんでも売れるんですね。(実際売れるかどうかは別として…)毎回新たな発見があります。

ペン週末ワーク-【離婚・不動産査定】感想
マンションが共有財産かどうかわからなかったので両方を書きました 不動産は経験が全くないのでリサーチで査定と買取と勉強になりました やはりキャッチコピーが難しかったです、一番時間が掛かりました ビフォーアフターを数字を混ぜながら考えるのは思いの外、出てきませんでした、悔しいです 心に響くキャッチコピーをもっと作れるように皆様と一緒に勉強をしていきます ヨコゲリワークは色々なジャンルを提供いただけるため、想像力も鍛えられます、今後もよろしくお願いします

ペン週末ワーク-【離婚・不動産査定】感想
離婚から財産分与で不動産の一括査定につなげるという考えがなかった。今回のジャンルは新しい発見!楽しみながらゲリラワークをやらせてもらいました。

ペン週末ワーク-【離婚・不動産査定】感想
家を売るときは売却先をちゃんと選ばないと結構値段変わるし不動産屋への頼み方などいろいろあるので、比較サイトを使うと高く売れそう。またちょっとは自分で家のことを調べたらより高く売れるかもと思いました。

ペン週末ワーク-【離婚・不動産査定】感想
毎回同じ事を書いている気もしますが、ベネフィットと煽りが難しかったです。 今回は特に自分に縁がない持ち家を売るという内容だったので、想像力の乏しさが露骨に出ました。 一括査定サイトのベネフィットではなく、その先の不動産会社のベネフィットばかり思いつきました。 ラジオでもベネフィットの大切さを仰っていたので、これからも自分なりに悩んで捻り出していきます。

ペン週末ワーク-【離婚・不動産査定】感想
不動産の一括査定案件は一度だけ取り組んだことがありました。報酬額が高いのでおいしい案件でしたが、切り口をうまく見つけられず断念してしまいました。離婚による財産分与以外にも人間の様々な思惑が働く分野だと思いますので、諦めずに再度チャレンジしてみたくなりました。

ペン週末ワーク-【離婚・不動産査定】感想
離婚を絡めて検索していると財産分与に係る税金の情報が多く出てきて、ペルソナの検索意図を見失わないようにするのが大変でした。売却の理由が離婚であっても「信頼できる業者になるべく高く売りたい」というニーズは共通で、そこを強く意識してリサーチしました。

ペン週末ワーク-【離婚・不動産査定】感想
未経験カテゴリに取り組めるのもありがたい。実力養成、横ゲリブートキャンプ!

ペン週末ワーク-【離婚・不動産査定】感想
リサーチ中、凝った不動産査定紹介サイトをかなり発見。自分には作れそうもないので、ニッチなキーワードで検索されるシンプルなサイトを作ろうと思ったりしました。

ペン週末ワーク-【離婚・不動産査定】感想
不動産売却と離婚という中々込み入った話が組み合わさったような感じのワークだったので今回は少し難しく思いました。しかし、逆にやってみてこういうところで綿密なサーチできるようになるとかなりの成長が期待できるような気もしたので込み入ったワークもスキルアップのためにどんどん開催してほしいと個人的に思いました。

ペン週末ワーク-【離婚・不動産査定】感想
知恵袋で悩みを探してみましたが、親が名義人で…など特殊なケースが多くなかなか見つけることができなかった。経験もなく想像も難しいテーマだったのでベネフィットも出てこなくてあきらめかけました。。しかし、逆にこのような知識・経験のない分野の方が勉強になるので、今後もできるだけ参加していきたいです。

ペン週末ワーク-【離婚・不動産査定】感想
2週できなかったので久しぶりのワークですが、今回はベネフィットとキャッチコピーが特に難問でした。精進あるのみ!

ペン週末ワーク-【離婚・不動産査定】感想
すでにマンションの売却を決定している人がターゲットだったので考えやすかった。けれども離婚に関する法知識がほとんどないので、その点では苦労しました。

ペン週末ワーク-【離婚・不動産査定】感想
これまでのテーマよりもより人間的に嫌な側面に沿った悩みを取り扱った感じがするので、悩みの掘り下げや得られるベネフィットを考えるのが大変でした。 まだ3回目の作業ですが、やればやるほど悩みの掘り下げが深くなってきたのを実感するとともに、ものすごいエネルギーを消耗しています。

ペン週末ワーク-【離婚・不動産査定】感想
不動産一括査定はやってみたかったので、タイムリーなテーマでした。離婚もマンション売却も体験したことがないので、当事者の気持ちを理解するのは難しいですね。とりあえず、サイト作成してみます。

ペン週末ワーク-【離婚・不動産査定】感想
今回の不動産一括査定は自分だけだったらやろうとも思わなかった案件でした。新たな世界を知ることができたと思います。

ペン週末ワーク-【離婚・不動産査定】感想
離婚と不動産売却を結びつけるという発想が学びになりました。単に不動産売却や査定だけだと、サービス内容や金額などにとらわれて、入り口が広がらなかったと思います。ベネフィットが同じすこし難しく、似た内容になってしまいました。

ペン週末ワーク-【離婚・不動産査定】感想
子供の有無や協議など離婚の種類など情報がもう少しあったほうがより安いと感じました。
ペン週末ワーク-【離婚・不動産査定】感想
今回はいろいろと難しかったです。とくにベニフィットはみんな同じようなことになってしまいました。次回、がんばります。

言語解析結果↓

ワードクラウド


スコアが高い単語を複数選び出し、その値に応じた大きさで図示しています。 単語の色は品詞の種類で異なっており、青色が名詞、赤色が動詞、緑色が形容詞、灰色が感動詞を表しています。


単語出現頻度


文章中に出現する単語の頻出度を表にしています。単語ごとに表示されている「スコア」の大きさは、 与えられた文書の中でその単語がどれだけ特徴的であるかを表しています。 通常はその単語の出現回数が多いほどスコアが高くなりますが、 「言う」や「思う」など、どの文書にもよく現れる単語についてはスコアが低めになります。

共起キーワード


文章中に出現する単語の出現ハ゜ターンか゛似たものを線て゛結んた゛図です。出現数か゛多い語ほと゛大きく、また共起の程度か゛強いほと゛太い線て゛描画されます。

2次元マップ


文章中て゛の出現傾向か゛似た単語ほと゛近く、似ていない単語ほと゛遠く配置されています。距離か゛近い単語はグループにまとめ、色分けしています。


係り受け解析


係り受け解析では、「名詞」に係る「形容詞」「動詞」「名詞」についての解析結果を表示します。 「スコア」は、出現回数やその係り受け関係が全組み合わせのうちに占める割合などを複合的に判断し、独自に算出した数値です。 「スコア」が高いほど、よりその係り受け関係が重要であることを示します。 また、単語の後に「(否: 50%)」 などとついている場合、 集計された係り受け関係のうち50%が否定表現(例:「高い」→「高くない」)として使われていることを意味しています。 ネガポジは名詞にかかる形容詞がポジティブ(ネガティブ)な単語かどうかを表しています。

階層的クラスタリング


文章中での出現傾向が似た単語をまとまりとしてとらえられるよう樹形図で表したものです。グループは色分けして表示しています。


-言語解析結果

© 2021 週末ゲリラワーク