言語解析結果

【週末横ゲリワーク】2020_10_24【看護師転職】

第10回ワークの感想まとめ【一部】

ペン看護師転職-感想
看護師の転職サイトは賛否両論あるみたいですが、それゆえに深堀りすれば攻める場所が見つかるかも?と感じました。

ペン看護師転職-感想
それぞれの項目で探す内容が明確に違っているので迷いがなかった。検索したらすぐに見つかったのでそれほど苦労しなかった。ペルソナの動機によって転職する理由も様々だと思った。

ペン看護師転職-感想
ベネフィットが転職代行の時と似ている感じがしました。動機は様々ですが求める結果が似るのは人間心理の行き着く先が同じなのかなと感じます。

ペン看護師転職-感想
転職してからのバラ色イメージだと、ありきたりで既視感があるので、 転職サイトの利用時に得られるメリットにフォーカスしてみました。

ペン看護師転職-感想
転職したい看護師がたくさんいることが分かって驚きました。病院も多いし、転職サイトを使うメリットは大きいと思いました。

ペン看護師転職-感想
看護師の友達がちょうど転職をしたのでその時の悩みを思い出しながら調査しました。看護師さんならではの悩みがあって面白そうなキーワードが拾えそうだな~と思いました。病院ってどういう勤務体制なの?女性が少ない病院って?・・と色々掘り下げていく必要があり、そこが難しかったです。ペルソナの悩みを深堀していく方法がもっと知りたくなりました!キャッチコピーもすごく悩むので作り方をもっと詳しく知りたいです・・!

ペン看護師転職-感想
ペルソナ段階で、引っ越した理由や場所(都会か田舎か?)、子供の年齢、実家は?など細かい条件があるとよりイメージしやすいし心の声みたいなのが引っ張り出せそうな気がします。

ペン看護師転職-感想
2週間ぶりのワーク参加ですが、今までよりもスラスラできた気がします。いろいろと絞り込まれていたせいでかえって考えやすかった気がします。

ペン看護師転職-感想
今回の看護師転職では、転職サイトをつかうメリットが難しかったです。また、求人サイトのなかで、派遣サイトもあるようですが、派遣も含めるのかと悩んでしまいました。

ペン看護師転職-感想
切り口が膨大にあることがよく分かりました。看護師というとなぜか犠牲になって当たり前という風潮に当事者たちが今もって苦しめられていますのでニッチな需要が拾いやすいと感じます。企業単位の強烈なライバルが1サイトで専門的な内容盛りだくさんであることにゲリラ式で対抗するにはどうすればよいか?いまパッと思いついたところでは「入院中の患者と合コンしたのがバレて気まずい」といったような側面からのアプローチもありだと思います。まじめな企業のサイトでは扱いにくいドロドロしたところを攻めまくれるのが個人の強みではないでしょうか?こうした発想もゲリラワークを重ねてきたことで得られたものと実感します。

ペン看護師転職-感想
転職関連はライバルが多く、目新しいジャンルでないのであまり気乗りはしませんでしたが、やってみると前回と同じく意外と早くできました(笑)。また、どう差別化するかがネックでしたが、同じ内容でも参加者によって言い回しが違うので、「似てるけど異なる」サイトを複数・大量に立ち上げるなら、問題ないし使えるという主旨をようやく飲み込めました。

ペン看護師転職-感想
妻が介護現場で働いていて看護師とは少し違うかもしれませんが、日々苦労話や施設内でのいざこざなど聞いていたので、なんとなくやりやすかったのですがなんだかんだ時間がかかってしまいました。かみさんの悩みをきいているので是非いくつかサイトを作成してみます!

ペン看護師転職-感想
医療業界にいたこともあるので、看護師さんや医療従事者の不満、気持ちなどもある程度はわかっているつもりであるが、いざ、ワークをしてみるとまだまだ分かっていないことがあると感じた。ただ、医療業界にいたことがある経験から単価が高くなかなか敷居が高い案件ではあると思うが、少しチャレンジしてみたいと思った。

ペン看護師転職-感想
看護師の転職斡旋サービスは概ね無料で利用できるようで、デメリットを見出すのが大変でした。サービスを利用するデメリットというか、転職に際しての課題のような内容になったかもしれません。看護師の転職案件はやはり女性が主体で手が出だせずにいましたが、横ゲリ式でならサイトが作れそうだと感じました。

ペン看護師転職-感想
看護師業界に詳しくないので「看護師」と聞いただけで「難しそう」と思いました。リサーチしていくなかで、職種は違うけど退職代行に似てるなと気づき、残業が多いことや、人間関係での悩みという部分では同じかもしれませんね。ただ、ベネフィットが最初は想像できませんでした。アフィリエイトは心理学要素も入っていて、ターゲットの気持ちを落とし入れるのは毎回難しいです。

ペン看護師転職-感想
初めてのジャンルで最初は何を書いたら良いか戸惑ったが、参考になるサイトはいっぱいネット上にあるので、情報収集には事欠かないと思いました。

ペン看護師転職-感想
看護師の仕事、本当にハードなのでホワイトな職場が増えるといいなと思いました。

ペン看護師転職-感想
なんか総合的な集め方しかできなかった感じです。ペルソナに近いのを集めるのがなかなか難しい。

ペン看護師転職-感想
今回は、ペルソナ設定がすでに退職している前提だったので、ベネフィットの部分がちょっと書きにくかった。でも、「ゆっくり働きたい」など、具体的なペルソナの希望が書いてあったので、問題提起がやりやすく感じました。

ペン看護師転職-感想
毎回ワークをやることでスキルアップを実感できています。ありがとうございます!

ペン看護師転職-感想
全然職種が違うので、いろいろな気づきがあった 調べている最中にブラックな職種である評価が多かったので需要があると思いました。

ペン看護師転職-感想
転職サイトの評判が悪すぎて参りました。不満は見つかるけどメリット・ベネフィットが少ない。

ペン看護師転職-感想
今回も全く知らない世界だったので、とても勉強になりました。 悩みがスラスラ出てくると思っていたら、看護師の悩みを集めてしまっていました。 看護師の転職についての悩みを改めて探すと、いつも通りながら、なかなか埋まらなくなりました。 今回は煽りがなかなか埋まらなかったです。

ペン看護師転職-感想
初めて取り組むジャンルでしたが、想像以上に看護師を辞めたいと考えている看護師が多いことに驚いた。ただ悩みが似たり寄ったりでずらしずらい感じは受けた。

ペン看護師転職-感想
入院中、看護師の愚痴がよく聞こえてきたので、気になっていたジャンル。穴場があればよいが、見つけるのが大変そう。

ペン看護師転職-感想
看護師の転職というと激戦というイメージがあって敬遠してきましたがキーワード次第ではということでやってみても良いかな?と思いました。地域キーワードを絡めてなら可能というメッセージでしたがやはりペラサイトは難しいですかね?ワークの感想としては悩みを書き出すときにどうしても願望よりに書き出してしまいます。煽りと共感は共感のほうが見つけやすいですね。

ペン看護師転職-感想
テーマによって、複数の案を出しても、特にベネフィットが言い換えのようになってしまいます。 毎回のテーマについて、その都度理解を深めていくのが今後の課題です。

ペン看護師転職-感想
調べるという作業自体はできても、サイトを作ると考えた時の調べた内容が他と似たり寄ったりになりそうな感じがあった。もう少し調べ方を深掘りできないか?と悩み続けた作業でした。

ペン看護師転職-感想
はじめてワークに参加しましたが、想像以上に大変で、時間に追われてしまいました。今度は、もっと余裕をもって取り組みたいです。でも、すごくいい経験になりました。デメリットを探すのは難しいとわかったのは新鮮な驚きでした。

言語解析結果↓

ワードクラウド


スコアが高い単語を複数選び出し、その値に応じた大きさで図示しています。 単語の色は品詞の種類で異なっており、青色が名詞、赤色が動詞、緑色が形容詞、灰色が感動詞を表しています。


単語出現頻度


文章中に出現する単語の頻出度を表にしています。単語ごとに表示されている「スコア」の大きさは、 与えられた文書の中でその単語がどれだけ特徴的であるかを表しています。 通常はその単語の出現回数が多いほどスコアが高くなりますが、 「言う」や「思う」など、どの文書にもよく現れる単語についてはスコアが低めになります。

共起キーワード


文章中に出現する単語の出現ハ゜ターンか゛似たものを線て゛結んた゛図です。出現数か゛多い語ほと゛大きく、また共起の程度か゛強いほと゛太い線て゛描画されます。

2次元マップ


文章中て゛の出現傾向か゛似た単語ほと゛近く、似ていない単語ほと゛遠く配置されています。距離か゛近い単語はグループにまとめ、色分けしています。


係り受け解析


係り受け解析では、「名詞」に係る「形容詞」「動詞」「名詞」についての解析結果を表示します。 「スコア」は、出現回数やその係り受け関係が全組み合わせのうちに占める割合などを複合的に判断し、独自に算出した数値です。 「スコア」が高いほど、よりその係り受け関係が重要であることを示します。 また、単語の後に「(否: 50%)」 などとついている場合、 集計された係り受け関係のうち50%が否定表現(例:「高い」→「高くない」)として使われていることを意味しています。 ネガポジは名詞にかかる形容詞がポジティブ(ネガティブ)な単語かどうかを表しています。

階層的クラスタリング


文章中での出現傾向が似た単語をまとまりとしてとらえられるよう樹形図で表したものです。グループは色分けして表示しています。


-言語解析結果

© 2021 週末ゲリラワーク