言語解析結果

【週末横ゲリワーク】2020_11_07【転職】 会社は自分の実力を評価してくれない

ワーク感想

ペン転職・会社が評価してくれない-感想
転職サービスには転職サイトと転職エージェントがあるので、「こういう場合はこっち」など選択させる訴求にしたり、並行して使うメリットを訴求するとダブルCVを狙えるかも?と感じました。

ペン転職・会社が評価してくれない-感想
日立や資生堂の「ジョブ型」導入、トヨタの年齢給全廃決定、Lixilの課長イラネ宣言、働き方のビッグバンがやってくると日々、実感。転職業界はえらいこっちゃ~になると思う。

ペン転職・会社が評価してくれない-感想
転職は今取りくんでいるジャンルなのでためになりました!

ペン転職・会社が評価してくれない-感想
キャッチコピーの考え方を教えてもらったので、考え方がわかり作りやすかった。次はベネフィットの考え方やコツなどを教えて欲しいです。

ペン転職・会社が評価してくれない-感想
比較的、幅広いペルソナのためスムーズにできた印象です。転職関連もワークじゃないと、たぶんやらなかったかなと思います。リサーチできて良かったです。

ペン転職・会社が評価してくれない-感想
自分の検索スキルがないのか、正当な評価を受けられない人の転職の悩みを沢山見つけられなかった。ネガティブではなくポジティブな転職といところをもっと深堀できるようにしなければならなかったと思った。

ペン転職・会社が評価してくれない-感想
問題・煽り・ベネフィットはたくさんありそうですが、メリット・デメリットがみんなとかぶりそうと思いました。

ペン転職・会社が評価してくれない-感想
最初のころは時間がかかりてこずっていたワークですが、だんだんと段取り・手際がよくなってきました。毎回、ワークをやりながら気づきがあり、着実に力がついている感じがしてうれしいです。これからもよろしくい願いします。

ペン転職・会社が評価してくれない-感想
転職の案件が思った以上に多くてビックリした。デメリットを探すのが大変だった。

ペン転職・会社が評価してくれない-感想
ポジティブな方向だと悩みがあまり深くなく、とっかかりが少なくて思ったより書きにくかったです(苦笑)。ワークの最初の頃に出されていたら、お手上げだったかもしれません。デメリットの打ち消しとメリットがやはり区別をつけにくいです。

ペン転職・会社が評価してくれない-感想
毎日仕事を辞めたいと思いながらサラリーマンを続けている。仕事なんて、パワハラ上司がいなくて人間関係がそれなりに円滑で定時に帰れればいいやと考え仕事をしています。評価が転職に繋がるとはリアルに感じられない中での課題作成だったので、調べるのに苦労しました。

ペン転職・会社が評価してくれない-感想
昨日キャッチコピーワークがあったので、キャッチコピーはすんなりかけました。いくつか単純作業でつくってみていいと思うものを上げてみました! ん~まだまだ成長の余地がありそうと感じた週末でした。また、ワークやらなんやら期待してます。ところで、今回のワークは転職だったのでやりやすかったです。なにせ自分も30代は転職を考えて実際に登録もしていたので・・・ このネタでもサイトつくってみます!

ペン転職・会社が評価してくれない-感想
今までのワークよりも悩み、煽り、ベネフィットはすぐに見つかって簡単だった。デメリットの打消しは転職エージェントばかりになってしまった。キャッチコピーは知恵袋から探すのは難しかったから体験談をもとに考えた。

ペン転職・会社が評価してくれない-感想
正当な評価を受けられず燻り続けて怨念にも似た思いを抱いている人は少なくないだろうと思います。陰茎増大、占い、効果不明なサプリなどと違って、力ある人がしっかり報われるきっかけを提供するという意味で後ろめたさのないアフィリ作業が出来そうです。

ペン転職・会社が評価してくれない-感想
転職サイトにサイトとエージェントの2種類があることが知らなかったてす。箇条書きの途中で気付いたのですが勿体ないのでそのまま勧めました。 今回のペルソナは意識高い系ですのでエージェント系が正解だと思いました。どちらかというとリクルートNEXTの方があっている思いましたのでこちらで攻めてみようと思います。 キャッチコピーはZOOMワークを活かせるように下手なりに作りました。

ペン転職・会社が評価してくれない-感想
まさに、今自分が直面している問題なのでグサグサ刺さりました。転職すると絶対に年収が下がるため、一歩踏み出せません。だからこそこの横ゲリでリスク回避をしたいのですが…まだサイト作れてない。

ペン転職・会社が評価してくれない-感想
最近転職ネタが多かったので、楽勝と思いきや、甘かったです。 ペルソナに合った煽り、ベネフィットを考えるのに時間がかかりました。 キャッチコピーは、先日の緊急ワークで学習した手順で作成すると、面白いようにできました。 まだビフォーアフターのギャップが微妙だとか、興味を引くまではまだまだの出来なのですが、数を沢山作ってみます。

ペン転職・会社が評価してくれない-感想
似通った就職のジャンルなので、取り組みやすかった。

ペン転職・会社が評価してくれない-感想
初参加です。読むのと書くのでは大違いでした。次はもっといいものを出したいです。

ペン転職・会社が評価してくれない-感想
zoomでワークしたおかげで、キャッチコピーをいつもよりスムーズに作れました!

ペン転職・会社が評価してくれない-感想
・最初に男女のどちらかをしっかり決めてやるべきだった。 男女での違いを出せず汎用性の高い(引っかかりが浅い?)ものになってしまった。

ペン転職・会社が評価してくれない-感想
女性の転職は難しかったので、男だけやりましたが、この後女性についてもやってみようと思いました。

ペン転職・会社が評価してくれない-感想
「会社の評価が低い」というテーマに対して、評価の見返りを報酬以外で探すのが難しかった。

ペン転職・会社が評価してくれない-感想
仕事で正当な評価がもらえないから転職を考える人もいるんですね。これまで求人系のアフィリエイトをやっていてあまり考えたことがなかったターゲットです。あらためてASPで案件を見てみると昔に比べてアルバイト系は少なくなったなぁという印象でした。その代わり転職系とか業界特化型が増えていますね。 作業としては煽りと共感を考えるのが苦手です。これでいいのかどうか・・・不安になります。

ペン転職・会社が評価してくれない-感想
はじめてワークに参加しました。また今までやったことがないジャンルなので結構時間がかかってしまいましたが自分にとって新しい試みなので何回も繰り返して作業効率を上げたいと思います。今後ともよろしくお願いいたします!

ペン転職・会社が評価してくれない-感想
先日のZOOMセミナーのおかげで、キャッチコピーを作るスピードが明らかにあがった。

ペン転職・会社が評価してくれない-感想
同じジャンルでもペルソナを変えると切り口が全然違うのがはっきり分かる。それがはっきり見えて面白かった。

ペン転職・会社が評価してくれない-感想
知恵袋やTwitterから箇条書きの元となる言葉を探しても、意外と数が少ない、見つからない事が多かったので、 それらの検索の仕方や調べ方が次回以降の課題であると考えています。

ペン転職・会社が評価してくれない-感想
自分の仕事の過去の経験と置き換えて考えることができたので、比較的考えやすかったです。情報収集もしやすかったです。やはりこれに限らず、過去の体験と結びつけて考える、そしてリサーチすることが大事なんだなと改めて気づくことができました。ありがとうございます。

ペン転職・会社が評価してくれない-感想
今回は逃げではない退職理由という設定がとても難しかったです。人間関係の悩みばかりが出てきて、なかなか前向きな退職理由を見つけることが出来ませんでした。

ペン転職・会社が評価してくれない-感想
前回ワークをお休みしたら、また難しくなってしまった。やはり継続が大事ですね。

言語解析結果↓

ワードクラウド


スコアが高い単語を複数選び出し、その値に応じた大きさで図示しています。 単語の色は品詞の種類で異なっており、青色が名詞、赤色が動詞、緑色が形容詞、灰色が感動詞を表しています。


単語出現頻度


文章中に出現する単語の頻出度を表にしています。単語ごとに表示されている「スコア」の大きさは、 与えられた文書の中でその単語がどれだけ特徴的であるかを表しています。 通常はその単語の出現回数が多いほどスコアが高くなりますが、 「言う」や「思う」など、どの文書にもよく現れる単語についてはスコアが低めになります。

共起キーワード


文章中に出現する単語の出現ハ゜ターンか゛似たものを線て゛結んた゛図です。出現数か゛多い語ほと゛大きく、また共起の程度か゛強いほと゛太い線て゛描画されます。

2次元マップ


文章中て゛の出現傾向か゛似た単語ほと゛近く、似ていない単語ほと゛遠く配置されています。距離か゛近い単語はグループにまとめ、色分けしています。


係り受け解析


係り受け解析では、「名詞」に係る「形容詞」「動詞」「名詞」についての解析結果を表示します。 「スコア」は、出現回数やその係り受け関係が全組み合わせのうちに占める割合などを複合的に判断し、独自に算出した数値です。 「スコア」が高いほど、よりその係り受け関係が重要であることを示します。 また、単語の後に「(否: 50%)」 などとついている場合、 集計された係り受け関係のうち50%が否定表現(例:「高い」→「高くない」)として使われていることを意味しています。 ネガポジは名詞にかかる形容詞がポジティブ(ネガティブ)な単語かどうかを表しています。

階層的クラスタリング


文章中での出現傾向が似た単語をまとまりとしてとらえられるよう樹形図で表したものです。グループは色分けして表示しています。


-言語解析結果

© 2021 週末ゲリラワーク