言語解析結果

【週末横ゲリワーク】2020_11_14【オンライン婚活】(女性)

ワーク感想

ペンオンライン婚活-感想
zoomワークの収録動画を見たおかげで短い時間でキャッチコピーが作成できました。

ペンオンライン婚活-感想
今回は、あまり暗い話題ではなかったので、やってて疲労感が少なかったです。マンダラートのやり方も応用して、やりやすかったです。

ペンオンライン婚活-感想
はじめて参加させて頂きました。普段は美容案件やダイエット案件がメインでしたので婚活案件は難しかったですが、リサーチの勉強になりました。

ペンオンライン婚活-感想
今後しばらくイベントを開催しにくい状況が続くと思うので、今回のペルソナは増えそうですね。新しいKWもどんどん生まれそうな予感。

ペンオンライン婚活-感想
未知の世界を知れて美味しい収入源の情報もゲット。ごちそうさまです。女性からのみならず、男性から高齢者からと角度を変えて訴求できそうですね。

ペンオンライン婚活-感想
アフィリエイト関係ないのですが、世の中婚姻率が下がったらこれをターゲットにした業者が増える。そうやってバランスを取ってるんだなあ、と感心しました。

ペンオンライン婚活-感想
最近思うのは、箇条書きのスキルがあれば誰でも記事は書ける、ということ。でも、記事を書けても報酬が出ないのはやはり集客のキーワードが重要だなと思います。

ペンオンライン婚活-感想
オンライン結婚相談所というものがあるとはじめて知りました。週末ゲリラワークのおかげで知らない案件を知ることができるので楽しいです。

ペンオンライン婚活-感想
コロナ第三波でまた婚活パーティの中止が相次いでるというのをみて、コロナ影響はこんなところにも!と気づきました。未婚なので、調べていくうちに自分も焦りだしました。笑

ペンオンライン婚活-感想
煽りと共感が難しかったです。体験談から何とかピックアップした感じです。 体験談をリサーチしてみると50代女性が多いことに気付きました。オンラインミーティングしない50歳以上もターゲットになることがわかりました。

ペンオンライン婚活-感想
職場の同僚も、結婚できた人はこういったサービスを利用しているので真面目に考えている人もぜひ利用したらいいと思います!

ペンオンライン婚活-感想
毎週ワークでリサーチするのが少し楽しくなってきました。 その業界の闇も少し見えて、自分も気をつけて上手く利用しようと思います。 いつも通りですが、ベネフィットが一番時間がかかりました。 キャッチコピーについては、前々回までは一番時間がかかって、後回しにしていましたが、 先日のZOOMワークで楽に作成できるようになりました。質はまだまだですが。

ペンオンライン婚活-感想
フリーの掲示板より企業のサイトのほうが体験談がちゃんと載っていて役立った。ベネフィットが結婚後の内容と間違えそうになった。心情を語った体験談はちゃんと調べないと見つからなかった。

ペンオンライン婚活-感想
思いの外、ベネフィットなどが多く広がった印象です。ネット環境は便利であり、メリットも多いですね。これから需要が多いのだろうとも思いました。

ペンオンライン婚活-感想
出会い系って難しいと思って手を付けてこなかったのですが、こうやってペルソナを絞ると比較的ネタを書きやすいと感じました!

ペンオンライン婚活-感想
ベネフィットが、オンラインデートをした結果なのか?その先の未来なのかで迷った。

ペンオンライン婚活-感想
よくネットニュースで見る婚活している女性は、男性の年収にかなりこだわりを持っている印象がありました。ですがリサーチしてみると30代だと相手にされないと悩んでいる人が結構いて、自分が知らないジャンルのリサーチの大切さを再認識できました。

ペンオンライン婚活-感想
明るい未来と暗い未来の対比が出しやすいジャンルであると思いました。単純な性欲だけではないので利用者の本気度や不安を汲み取ったコンテンツを提供する必要があるとも感じました。また、検索せずとも細かなクエリが散在してることは想像に難くありません。自分の頭の中だけで生み出したシチュエーションですらも検索対象として引っかかりそうです。利用者側の心理的ハードルを如何に下げることが出来るか?ストーリーを兼ねたライティングが有効であると確信します。

ペンオンライン婚活-感想
初めて参加させて頂きました。作業に慣れていないせいもありますが、婚活は未経験だし未婚の身では想像が難しかったです。

ペンオンライン婚活-感想
マッチングアプリや婚活サイトでとりあえずオンラインデートをしようとしている人に、結婚相談所に登録した方がよい結果になるから、そちらを紹介するというつもりで書きました。

ペンオンライン婚活-感想
ターゲットを絞ったら書きやすくて今回はそんなに時間はかからなかった。30代で結婚に焦っている女性をターゲットにしているのはさすがだと思いましたし、【婚活】(オンライン)でサイトを作ったら売れるなと感じました。

ペンオンライン婚活-感想
ベネフィットが婚活に向けてのベネフィットなのか?婚活した後の結婚の部分なのか?どちらを軸に考えたらいいのか?が分からなかった。先に広告主ページをリサーチすると、悩みがどうしても商品よりになってしまい広がりや意外性などなく似たりよったりの内容になってしまった。

ペンオンライン婚活-感想
「悩み」を「動機・きっかけ」と考えてみました。訴求力が弱くなりますが、ネガティブな方向にならず、他の項目を考えるときも煽るような内容にならずにできました。デメリットとメリットは記入の順番を入れ替えたほうが良いと感じます。

ペンオンライン婚活-感想
2回目ですが、初回よりはかなり感覚がつかめてきました。ターゲットの人物像に合わせて、各項目の言い回しを調整するだけでも、かなり良いメッセージが届けられると思いました。前回のワークの時にも書きましたが、やはりベネフィットを妄想するのがやや苦手です。今晩のワークに参加予定ですので、ここを克服したいです。ありがとうございました。

ペンオンライン婚活-感想
なにげに書きやすかったあたり。←   横ゲリワークは普段やろうと思わないジャンルも試しでやってみれるので良い。勉強になります。

ペンオンライン婚活-感想
今回2回目でまだスムーズに情報収集できませんでしたが次回も頑張って参加します。ありがとうございました!

ペンオンライン婚活-感想
悩みを集める際、オンラインと限定されると、そうじゃない婚活との区切りが明確になりにくいので難しかった。今回のジャンルだけでの話ではないが、毎週参加することで徐々にベネフィットという考え方への理解が腹落ちし出してきたのが大きいと感じる。

ペンオンライン婚活-感想
知らない間に結婚相談所が進化していてびっくりしました。また新たなジャンルを教えていただいて感謝いたします。人に不安を与えて煽るというのがどうも苦手です。何かコツはありますか?バラエティによくある感じというのは意識していますが。

ペンオンライン婚活-感想
やっぱり、リサーチをしっかりしていると、ライティングしているときとは全く違う脳が働いているようで活性化されます。想像力を働かせる部分と想像力を働かせず文章を持っていく力。この2つをもっと活かしていかないとならないなと改めて考えるようになりました。

ペンオンライン婚活-感想
検索の仕方が悪かったのかしれませんが、〇〇+こんな悩みの画像検索でハマるものがなかった。知恵袋もおなじで少なかったっため、YOUTUBEの婚活サイトを参考にして問題提起や煽り、共感を探り出しました。思っていた以上に時間がかかってしまった。でも、今回動画やブログでもサイトにはないフレーズや言い回しを学べたのは収穫だと考えています。

ペンオンライン婚活-感想
これまで取り組んできたジャンルだったので、比較的やりやすかったです。それでも「リモート」や「オンライン」というワードは盲点でした。

ペンオンライン婚活-感想
オンライン・リモート・ZOOMを使用した婚活やデートは、コロナの事があったとは言え、まだ新しい婚活の形なので知恵袋など での質問数が少なく、箇条書き集めに苦労しました。

言語解析結果↓

ワードクラウド


スコアが高い単語を複数選び出し、その値に応じた大きさで図示しています。 単語の色は品詞の種類で異なっており、青色が名詞、赤色が動詞、緑色が形容詞、灰色が感動詞を表しています。


単語出現頻度


文章中に出現する単語の頻出度を表にしています。単語ごとに表示されている「スコア」の大きさは、 与えられた文書の中でその単語がどれだけ特徴的であるかを表しています。 通常はその単語の出現回数が多いほどスコアが高くなりますが、 「言う」や「思う」など、どの文書にもよく現れる単語についてはスコアが低めになります。

共起キーワード


文章中に出現する単語の出現ハ゜ターンか゛似たものを線て゛結んた゛図です。出現数か゛多い語ほと゛大きく、また共起の程度か゛強いほと゛太い線て゛描画されます。

2次元マップ


文章中て゛の出現傾向か゛似た単語ほと゛近く、似ていない単語ほと゛遠く配置されています。距離か゛近い単語はグループにまとめ、色分けしています。


係り受け解析


係り受け解析では、「名詞」に係る「形容詞」「動詞」「名詞」についての解析結果を表示します。 「スコア」は、出現回数やその係り受け関係が全組み合わせのうちに占める割合などを複合的に判断し、独自に算出した数値です。 「スコア」が高いほど、よりその係り受け関係が重要であることを示します。 また、単語の後に「(否: 50%)」 などとついている場合、 集計された係り受け関係のうち50%が否定表現(例:「高い」→「高くない」)として使われていることを意味しています。 ネガポジは名詞にかかる形容詞がポジティブ(ネガティブ)な単語かどうかを表しています。

階層的クラスタリング


文章中での出現傾向が似た単語をまとまりとしてとらえられるよう樹形図で表したものです。グループは色分けして表示しています。


-言語解析結果

© 2021 週末ゲリラワーク