言語解析結果

【週末横ゲリワーク】2020_11_28【若手の転職】第二新卒・就職浪人・フリーター

ワーク感想

ペン第二新卒の転職-感想
転職アフィリのターゲットに第二新卒の人たちがいるっていう発想が無かったので勉強になりました。

ペン第二新卒の転職-感想
転職ジャンルは同じだが、ターゲットが変わるとキーワードや訴求のやり方も大きく変わると知れたのが発見でした。

ペン第二新卒の転職-感想
転職関係は何度かワークをやりましたが、ターゲットが違うと最終地点は同じでも色々なKWで考えられるという事を改めて実感しました。

ペン第二新卒の転職-感想
第二新卒というKWを知ったことで視野が広がりました。若い人ほど悩みが大きくなりがちなので、ワークをやってみてよかったです。

ペン第二新卒の転職-感想
ワークをしたのは今回が初めてです。今まで、転職について考えたことがなかったので本当に新鮮でした。他の参加者がどのような視点をお持ちなのかもとても興味があります。今後、継続的にワークに参加して、リサーチ能力を高めていきたいです。このような場を作っていただけて、本当に感謝します。参加して良かったです。

ペン第二新卒の転職-感想
転職エージェントの評判を知ることができ、どのエージェントを選ぶかが重要なのだと勉強になりました。

ペン第二新卒の転職-感想
第二新卒としての転職活動についてなのか、第二新卒が転職エージェントを使うことについてなのか、混ざってしまってるかもしれません。実際にサイトを作る際、他のジャンルでもこうしたターゲットの混同を起こしてしまって集客できても成約に至らない、ということがあるかもと思いました。

ペン第二新卒の転職-感想
第二新卒枠とかの経験もなく、なかなか難しく感じました。今回はかなりペルソナを意識しないと、問題提起や煽りなどが書けない感じです。ワークでやっていなかったら、参入しようともしなかったと思います。

ペン第二新卒の転職-感想
同じようなお題は以前にあったのですが、ペルソナを思い浮かべながら、ベネフィットを何度も書き直しました。 まだまだ想像力が足りないため、他の方々の内容を見て勉強したいと思います。 今回は特徴とメリットの違いに迷い、埋めるのに時間がかかりました。

ペン第二新卒の転職-感想
転職する動機がポジティブなものやネガティブなものなど人それぞれだと思った。第2新卒といっても働きながら仕事を探している人と退職してしまってから仕事を探す人では訴求ポイントが違ってくると思った。検索したら材料がたくさんでてきたのでリサーチにはそれほど困らなかった。

ペン第二新卒の転職-感想
以前やった「給料が少なくてやってられない」といった人たち向けではなく、第二新卒となっただけで選んでくるワードも違ってくるのが体験できてペルソナの設定の重要性を実感できました!

ペン第二新卒の転職-感想
第二新卒がどういうものなのか、分かっているようで分かってなかったです。一度もう退職してニートやフリーターのような人を指すんでしょうね。若いうちにいろいろ動いてみたほうがいいですよ。私40代でエージェント面接しましたが年収が半分以下になることが確実なので転職活動に悩みが…。

ペン第二新卒の転職-感想
今週は忙しくパスしようと思っていたのですが、無理矢理にでも時間を区切ってやってよかったです。 週1ワークキツイけど強制力のおかげで頑張れてます。

ペン第二新卒の転職-感想
お世話になります。今回初めてワークを提出させていただきます。いままで物販の商標ペラサイトばかりやってましたが、うわべだけの浅いリサーチしかしていなかったことを痛感しました。調べれば調べるほど、いろんな要素が出てきて楽しくなりました。リサーチは需要と耳タコになるほど聞いてきましたが、少しだけ腹に落ちた気がします。今回のお題は「転職サポートエージェント」ということで、「転職する・しない」「エージェント使う・使わない」のどちらでメリット・デメリットなどをリサーチするのか迷いましたが、ズレていたらすみません。今後もどうぞよろしくおねがいします。

ペン第二新卒の転職-感想
今回も参加させて頂き、ありがとうございます。第二新卒に特化できたかどうかちょっとわかりません(^_^; 就活サイトではなく就活エージェントの特徴としてリサーチした部分も多くなりました。リサーチとは無関係ですが、正社員になっても安定しない世の中だと思いますが、この案件的には正社員になって将来幸せ!という訴求をするので、それも面白かったです。

ペン第二新卒の転職-感想
初めての参加でした。時間かかりましたが、とても楽しく作業できました。さっそく第二新卒でサイト作ってみようと思います。また参加したいです。

ペン第二新卒の転職-感想
転職系のお題が多いので、初期に比べてユーザーのイメージが付きやすくなってきたことで調査の精度が上がってきた気がします。ある程度は特定のジャンルに特化して活動した方が作業精度が上がりやすいと感じました。 今回は「第二新卒として転職したい人」と「第二新卒の採用をしたい企業」と、1つのキーワードで2つの対象があったため、どちらの悩みについて調査しているのか?を切り分けることに注意して作業しました。

ペン第二新卒の転職-感想
20代の転職という自分だけでは考えつかなかったジャンルに挑戦できてありがたかったです。 ベネフィットをもっとシンプルに表現したいのですが長くなってしまいますね。

ペン第二新卒の転職-感想
転職ジャンルは厳しそうという漠然とした理由でやってこなかったのでやるきっかけができたのが良かったです。心から悩んでいるなと思うキーワードもあったのでサイト作成もサクッとしてみます。

ペン第二新卒の転職-感想
先週より情報を集めるスピードが少し早くなりました。引き続き頑張ります。ありがとうございました!

ペン第二新卒の転職-感想
入会したての初参加です。土日に時間が取れずに、締切の3時間前にはじめました。久しぶりに緊張間の中で考えているとアイデアもどんどん出てきて楽しかったです。締切って大切だなと感じました(笑)。ライティングの修行にめちゃくちゃ良いです!

ペン第二新卒の転職-感想
昔のクソ上司を思い出しながら箇条書きを作ることができて楽しかった。箇条書きは作ったものの、メリット⇒ベネフィットの変換が今一つ。キャッチコピーも考えたベネフィットに連動しきれていない。

言語解析結果↓

ワードクラウド


スコアが高い単語を複数選び出し、その値に応じた大きさで図示しています。 単語の色は品詞の種類で異なっており、青色が名詞、赤色が動詞、緑色が形容詞、灰色が感動詞を表しています。


単語出現頻度


文章中に出現する単語の頻出度を表にしています。単語ごとに表示されている「スコア」の大きさは、 与えられた文書の中でその単語がどれだけ特徴的であるかを表しています。 通常はその単語の出現回数が多いほどスコアが高くなりますが、 「言う」や「思う」など、どの文書にもよく現れる単語についてはスコアが低めになります。

共起キーワード


文章中に出現する単語の出現ハ゜ターンか゛似たものを線て゛結んた゛図です。出現数か゛多い語ほと゛大きく、また共起の程度か゛強いほと゛太い線て゛描画されます。

2次元マップ


文章中て゛の出現傾向か゛似た単語ほと゛近く、似ていない単語ほと゛遠く配置されています。距離か゛近い単語はグループにまとめ、色分けしています。


係り受け解析


係り受け解析では、「名詞」に係る「形容詞」「動詞」「名詞」についての解析結果を表示します。 「スコア」は、出現回数やその係り受け関係が全組み合わせのうちに占める割合などを複合的に判断し、独自に算出した数値です。 「スコア」が高いほど、よりその係り受け関係が重要であることを示します。 また、単語の後に「(否: 50%)」 などとついている場合、 集計された係り受け関係のうち50%が否定表現(例:「高い」→「高くない」)として使われていることを意味しています。 ネガポジは名詞にかかる形容詞がポジティブ(ネガティブ)な単語かどうかを表しています。

階層的クラスタリング


文章中での出現傾向が似た単語をまとまりとしてとらえられるよう樹形図で表したものです。グループは色分けして表示しています。


-言語解析結果

© 2021 週末ゲリラワーク