言語解析結果

【週末横ゲリワーク】2021_3_27【サブスク玩具】

ワーク感想

ペンサブスク玩具
いろんなサブスクがあるんですね。デメリットのフォローが難しかったです。子供はおもちゃを壊すものなので、弁償することになると思い切って遊べないんじゃないかと感じました。

ペンサブスク玩具
いろんなサブスクがあるんですねぇ。もう物を所持せずに、シェアをしていく時代になっているのかもですね。

ペンサブスク玩具
いろんなタイプのサブスクがあっておもしろいですね。知育玩具のサブスクは子供には惜しみなくお金を使いたいという親が多いので魅力的な案件だと思いました。

ペンサブスク玩具
おもちゃサブスクという案件の特性上、今回は「煽りと共感」の箇条書きを集めるのに手間取りました。

ペンサブスク玩具
サブスクは本当に便利ですね。車も自転車もパソコンもスマホも冷蔵庫も電子レンジも何でもいけそうなサービスです。 断捨離を考えなくて済むため、これからもお世話になるサービスですね。

ペンサブスク玩具
サブスク市場が本当に伸びていると感じます。サステイナブルやエコ、SDGs、シニカルといった単語をよく聞くようになりましたし、大量消費をやめていくトレンドに乗っていったほうが稼ぎやすいかなと思いました。

ペンサブスク玩具
メリットとベネフィットの区別をどうしようかと迷った。おもちゃを使う子供に対するメリットとおもちゃを管理する親に対するメリットに違いがあると思った。

ペンサブスク玩具
リサーチと一緒に、独り身でありながら、一生懸命子供を持ったときの悩みを想像しました。 想像の中では、自分も使いたくなり、もっと広まってもよいのではと感じましたので、 自分でもサイトを作ってみようと思います。

ペンサブスク玩具
何だかみなさんと同じような内容になっていそう。わたしの想定を覆してくれる他の方のワークがあると刺激になりそうです。

ペンサブスク玩具
具体的な数字や期間を入れたキャッチコピーを考えるのに苦労しました。でも、このジャンルに需要のある理由や、サービスのメリットが理解できたのは収穫でした。

ペンサブスク玩具
子どもはいないけれど想像しながら興味深く書けました。現在の世相を反映したジャンルなので勉強になりました。前からアフィリしたかったジャンルなので、よかったです

ペンサブスク玩具
今年保育園入園の2歳の孫ちゃんのおもちゃとの遊び方見ながらのリサーチ。 サブスク勧めたくなりました

ペンサブスク玩具
最近は、このワークをする調査時間も短くなり、調査する力がついたような気がする

ペンサブスク玩具
子供が小さいころは、良いおもちゃを与えたいけど値段が高くて、いくつも買えないし、買っても使ってくれないということがあったと思い出しました。まだまだこれから伸びそうな案件だと思いました。

ペンサブスク玩具
自分の子育て期間にこのようなサービスがあればな?と思ってしまいました。いま、子育てアフィリエイターがレビューしまくってますよね。儲かってるのかな…。これからどんどんサブスク市場が成長すると思うので、新たなサブスクがあればASPをチェックするといいですね。ありがとうございました。

ペンサブスク玩具
他の広告のほうが良い気がしてしまい、こうなるとこの広告推しをするのがとても難しく感じてしまう。 アフィリサイトでも、紹介したい広告と紹介する広告が違うとどうしても葛藤してしまう。 そういうときの考え方(メンタル)とか、上手な紹介方法とかとても知りたい・・・!!

ペンサブスク玩具
必要な人にはすぐに刺さるサービスなので、それぞれの項目よりも使い勝手やどんなおもちゃが送られてくるか、実際にレビューした記事やサイトの方がより訴求できるような気がしました。また、サービスごとの違いがよく読まないと比較が難しく、その点でもセールステクニックよりも比較情報で攻めていくジャンルかと感じました。

ペンサブスク玩具
忙しいママさんには、いろいろなサブスクがありますね。今回の玩具も含め、このターゲットを集めればいろいろ提案できそうです。単に部屋が片付かないという訴求でもおもしろいし、子供の成長を考えて、英会話や受験などにもつながりそうな気がしました。ありがとうございます。

ペンサブスク玩具
毎回、ベネフィットを出すのは難しいです。創造力の欠如を感じます。

ペンサブスク玩具
娘がいるので、自分で試して体験談をコンテンツに組み込みたい。※スマホで送信NGかもしれないのでPCから送信しました

ペンサブスク玩具
利用するのが子供なので、子供よりも大人に響くことが大事だと思った。 

言語解析結果↓

ワードクラウド


スコアが高い単語を複数選び出し、その値に応じた大きさで図示しています。 単語の色は品詞の種類で異なっており、青色が名詞、赤色が動詞、緑色が形容詞、灰色が感動詞を表しています。


単語出現頻度


文章中に出現する単語の頻出度を表にしています。単語ごとに表示されている「スコア」の大きさは、 与えられた文書の中でその単語がどれだけ特徴的であるかを表しています。 通常はその単語の出現回数が多いほどスコアが高くなりますが、 「言う」や「思う」など、どの文書にもよく現れる単語についてはスコアが低めになります。

共起キーワード


文章中に出現する単語の出現ハ゜ターンか゛似たものを線て゛結んた゛図です。出現数か゛多い語ほと゛大きく、また共起の程度か゛強いほと゛太い線て゛描画されます。

2次元マップ


文章中て゛の出現傾向か゛似た単語ほと゛近く、似ていない単語ほと゛遠く配置されています。距離か゛近い単語はグループにまとめ、色分けしています。


係り受け解析


係り受け解析では、「名詞」に係る「形容詞」「動詞」「名詞」についての解析結果を表示します。 「スコア」は、出現回数やその係り受け関係が全組み合わせのうちに占める割合などを複合的に判断し、独自に算出した数値です。 「スコア」が高いほど、よりその係り受け関係が重要であることを示します。 また、単語の後に「(否: 50%)」 などとついている場合、 集計された係り受け関係のうち50%が否定表現(例:「高い」→「高くない」)として使われていることを意味しています。 ネガポジは名詞にかかる形容詞がポジティブ(ネガティブ)な単語かどうかを表しています。

階層的クラスタリング


文章中での出現傾向が似た単語をまとまりとしてとらえられるよう樹形図で表したものです。グループは色分けして表示しています。


-言語解析結果

© 2021 週末ゲリラワーク