言語解析結果

【週末横ゲリワーク】2021_4_03【こどもGPS】

ワーク感想

ペンこどもGPS
メリットとベネフィットの区別をつけづらかった。ビフォーアフターのキャッチコピーは教わったザイガルニック効果の方法を使ったら書きやすかった。今回のペルソナとは違うけど調べていく途中で子供GPSは浮気の調査にも使えることがわかったので浮気の疑いがあるときにもおすすめしたいと思った。

ペンこどもGPS
あまり身近なことではなく、いろんなアングルから考えるのが難しかったです。自分1人ではチョイスしない案件だったので、経験値がつきましたし、脳が疲れました。

ペンこどもGPS
アフィリエイトにこどもGPSがあるとは知りませんでした。最近はAmazonで簡単に安く買えるためAmazonから買わせないLPにする必要があると思いました。最近のZOOMワークのおかげで、ボレットをキャッチコピーにハメれるように簡潔に書くように意識してできるようになりました。簡潔にしたことにより記事に使いやすくできるようになった気がします?ヨコテンのおかげで確実に実力が付いたと意識できたことは自信になります。本当にお二人には感謝しかありません。今後ともよろしくおねがいします。

ペンこどもGPS
最近の子供は昔に比べて、外で遊ぶということが少なく、またコロナもあるので放課後にどこかで遊ぶということが前よりもないのでは?と思いました。コロナが収束した時を想像しつつ書いてみました。

ペンこどもGPS
ピンポイントなため、ちょっと数はできなかった感じです。

ペンこどもGPS
ちょっとありきたりになってしまった気がします。どうやってずらしているのか他の方のワークを参考にさせていただきたいとおもいます。

ペンこどもGPS
このワークで、みちびきという人工衛星の存在を知り、その凄さに興味が湧いて引っ張られてしまいました。 粛々と各項目を埋めることができるようになってきたので、質も上げていきたいです。

ペンこどもGPS
「子供の安全」という何物にも代えがたい事を目的とした案件である為、デメリット探しが特に苦労しました。

ペンこどもGPS
商品のメリットは調べれば量をこなせますが、ベネフィット、キャッチコピーは創造する時間がかかるので、どうしても手が止まってしまいます。数をこなして発想を飛ばすスキルを身に着けて行きます。

ペンこどもGPS
今回も娘をもつ親として共感するテーマだった。うまく自分の感性も加えられているか、まだまだ修行が足りない気がします。

ペンこどもGPS
調べ方が悪かったのか、集まるデータが似たようなものが多かったせいで素材も似たようなものが多くなりました。

ペンこどもGPS
類似商品や案件がなかったのがやりにくい。(一緒か不明) 目的がはっきりした商品なので、そこまで深掘り出来なかった。

ペンこどもGPS
今回も必要な人にはすぐに刺さる商品なので、やはり各社の比較記事のほうが訴求しやすいと思いました。とはいえ、zoomでのワークと同様に分かっているつもりでも、言葉にするのは意外と難しいです。

ペンこどもGPS
子どもを見守るこんなグッズがあったとは驚きました

ペンこどもGPS
子共の安全のためには費用はいとわないという親御さんも多いだろうと思うのでアフィリエイトとして紹介しやすい品物だと思います。 問題提起や悩みを広げるのが難しかったです。 悩みや共感など集めるのは楽になってきましたがそれをどのキーワードに結びつければいいのかがまだ苦手です。

ペンこどもGPS
ジャンルが新しいためか?問題提起・悩みの調査が思ったより広がりにくく手こずりました。

ペンこどもGPS
連絡機能がなくても、GPS端末で位置情報を確認できるので小学生の子どもにアリかなと思いました。いいサービスがあるものですね。

ペンこどもGPS
この商品ではないですが、子どもの位置情報確認は自分も利用しています。 そのためやりやすいかな?と思っていましたが、自分は漠然とした悩みの中で利用していたので、 リサーチしてまとめていくのが難しかったです。

ペンこどもGPS
「悩み」と「メリット」はスムーズに拾えたのですが、デメリットで苦戦しました。私自身はいつも寄り道をして親に心配をかけたくちですが、小学生ぐらいの子供の親が、仕事で送り迎えもできないような状況で習い事などをさせていて、帰りが遅かったりしたらさぞ心配だろうと思います。自分が親の立場なら、おそらく利用するサービスだと思うので、アフィリエイトでも脚色せずに薦められる案件だと思いました。

ペンこどもGPS
子供の安全に関しての新しいサービスですね。アフィリのやり甲斐があります^^

言語解析結果↓

ワードクラウド


スコアが高い単語を複数選び出し、その値に応じた大きさで図示しています。 単語の色は品詞の種類で異なっており、青色が名詞、赤色が動詞、緑色が形容詞、灰色が感動詞を表しています。


単語出現頻度


文章中に出現する単語の頻出度を表にしています。単語ごとに表示されている「スコア」の大きさは、 与えられた文書の中でその単語がどれだけ特徴的であるかを表しています。 通常はその単語の出現回数が多いほどスコアが高くなりますが、 「言う」や「思う」など、どの文書にもよく現れる単語についてはスコアが低めになります。

共起キーワード


文章中に出現する単語の出現ハ゜ターンか゛似たものを線て゛結んた゛図です。出現数か゛多い語ほと゛大きく、また共起の程度か゛強いほと゛太い線て゛描画されます。

2次元マップ


文章中て゛の出現傾向か゛似た単語ほと゛近く、似ていない単語ほと゛遠く配置されています。距離か゛近い単語はグループにまとめ、色分けしています。


係り受け解析


係り受け解析では、「名詞」に係る「形容詞」「動詞」「名詞」についての解析結果を表示します。 「スコア」は、出現回数やその係り受け関係が全組み合わせのうちに占める割合などを複合的に判断し、独自に算出した数値です。 「スコア」が高いほど、よりその係り受け関係が重要であることを示します。 また、単語の後に「(否: 50%)」 などとついている場合、 集計された係り受け関係のうち50%が否定表現(例:「高い」→「高くない」)として使われていることを意味しています。 ネガポジは名詞にかかる形容詞がポジティブ(ネガティブ)な単語かどうかを表しています。

階層的クラスタリング


文章中での出現傾向が似た単語をまとまりとしてとらえられるよう樹形図で表したものです。グループは色分けして表示しています。


-言語解析結果

© 2021 週末ゲリラワーク