言語解析結果

【週末横ゲリワーク】2021_4_10【除菌ロボット】

ワーク感想

ペン除菌ロボット
「除菌系のキーワードは上がらないのでひとまわり工夫が必要」がとても難しいです。ひとまわりすると、遠くなりすぎてどんどんCVから遠ざかるなと感じました。

ペン除菌ロボット
ターゲット層も広くおすすめできるユーザーも多いですが、商品に関するキーワードが使えないため、使えるキーワードをどう考え見つけるかのスキル取得が今後の課題だと改めて感じました

ペン除菌ロボット
ちょっと、デメリットがなかなか出ませんでした。ペルソナを絞ると難しくなっていく。でも、ペルソナを絞らないと刺さらないし。

ペン除菌ロボット
レイコップとルンバを兼ねたようなロボットがあったとは知りませんでした。詳細の機能があまりわからず、デメリットを記載するのが難しかったです。今回も勉強になりました。ありがとうございます。

ペン除菌ロボット
新製品のためかお客様の声や口コミがあまり見つからなかった。便利な商品で除菌にこだわっている人には売れそうだと思った。

ペン除菌ロボット
メリットが割とスムーズに見つかって、いつも苦戦するデメリットも今回は比較的短時間で埋まりました。ターゲットを妊娠中の女性に設定していただいて、心配や恐怖感が想像しやすかったです。音楽が聴けるとかスマホが充電できるとかいうのは、ニーズの核心とは関係のない機能だと思ったので、あえて取り上げませんでした。どんなワードから誘導できるか悩みますが、ぜひ取り組んでみたいと思います。今回も興味深いお題をありがとうございました。

ペン除菌ロボット
まだ出始めの機器なのか、情報が少なくて各項目を埋めるのに時間がかかりました。 ロボット掃除機にUVCライトの除菌機能が搭載されたタイプもあるんですね。そっちは少し欲しくなってしまいました。

ペン除菌ロボット
新しいジャンルなので調査するにも情報が少なく骨が折れました。

ペン除菌ロボット
除菌ロボットは初めて知りました。勉強になります。リサーチすると菌は除菌できるかもしれませんが、ダニの死骸が残るのは子供の喘息やアレルギーには使えないため、除菌ロボットにルンバのような掃除機も別の機械でも良いのであると合わせて提案できるかもしれません。全く新しいため、ほとんどリサーチできませんでした。他の方のリサーチ結果も楽しみにしています。

ペン除菌ロボット
以前BCAのブートキャンプに参加して体験したことがあったけど、このお題に関しては検索してもなかなか答えにたどり着けなくて難しかったです。

ペン除菌ロボット
除菌と出産、結びつけるのが難しかったです! でもこの結びつけようとする作業が今後に役立ちそうな気がしました。

ペン除菌ロボット
この時代にピッタリの商品ですね。ダニもウイルスの対策もできるこの商品に掃除機機能がついていたら、もっといいのにと思いました。

ペン除菌ロボット
ターゲットを絞ると情景を感じる言葉が出やすいので自サイトにも活かします。ネットに散らばっている言葉をかき集めて、組み立てる。子どもの頃に作ったプラモデルの感覚を思い出しました。サイト量産するためにも楽しんで作業していきます。ありがとうございました。

ペン除菌ロボット
小型の除菌ロボットは「ROCKUBOT」を除くとあまり世に出ていなかったので、デメリットを調べるのに苦心しました。

ペン除菌ロボット
自分もほしくなってきてしまいました。

ペン除菌ロボット
商品がイマイチぴんと来ない状態&サイトの完成図があまり見えない状態だった。 ペルソナに向けた訴求だけを書くとするとネタ切れになってしまいがちになる。

ペン除菌ロボット
ルンバみたいなものかなぁと軽く思っていたら、想像以上に反響がある商品でした。アフィリと無関係ですがクラファンで予約販売するという方法も秀逸で上手に販売している商品だなぁと。それだけ、世間には「除菌」というニーズが高いのだと思いました。アフィリで展開するときには、除菌関連のワード以外でどうやって集めるかが鍵だと思うので、関連ワードとかダニ関連のアフィリやってない商品とかで集めても良いのかなと感じました。いつもありがとうございます!

ペン除菌ロボット
掃除ロボットも参考にすると検索の幅が広がった。共通項のあるものを参考にするやり方もありかと。

ペン除菌ロボット
単純に欲しくなりました。クラウドファインディングのときに知っていれば、即出資していました。知らないというのは、損だと痛感しました。

ペン除菌ロボット
除菌という言葉を使用しないで集めるのが難しかったです。

言語解析結果↓

ワードクラウド


スコアが高い単語を複数選び出し、その値に応じた大きさで図示しています。 単語の色は品詞の種類で異なっており、青色が名詞、赤色が動詞、緑色が形容詞、灰色が感動詞を表しています。


単語出現頻度


文章中に出現する単語の頻出度を表にしています。単語ごとに表示されている「スコア」の大きさは、 与えられた文書の中でその単語がどれだけ特徴的であるかを表しています。 通常はその単語の出現回数が多いほどスコアが高くなりますが、 「言う」や「思う」など、どの文書にもよく現れる単語についてはスコアが低めになります。

共起キーワード


文章中に出現する単語の出現ハ゜ターンか゛似たものを線て゛結んた゛図です。出現数か゛多い語ほと゛大きく、また共起の程度か゛強いほと゛太い線て゛描画されます。

2次元マップ


文章中て゛の出現傾向か゛似た単語ほと゛近く、似ていない単語ほと゛遠く配置されています。距離か゛近い単語はグループにまとめ、色分けしています。


係り受け解析


係り受け解析では、「名詞」に係る「形容詞」「動詞」「名詞」についての解析結果を表示します。 「スコア」は、出現回数やその係り受け関係が全組み合わせのうちに占める割合などを複合的に判断し、独自に算出した数値です。 「スコア」が高いほど、よりその係り受け関係が重要であることを示します。 また、単語の後に「(否: 50%)」 などとついている場合、 集計された係り受け関係のうち50%が否定表現(例:「高い」→「高くない」)として使われていることを意味しています。 ネガポジは名詞にかかる形容詞がポジティブ(ネガティブ)な単語かどうかを表しています。

階層的クラスタリング


文章中での出現傾向が似た単語をまとまりとしてとらえられるよう樹形図で表したものです。グループは色分けして表示しています。


/>

-言語解析結果

© 2021 週末ゲリラワーク