言語解析結果

【週末横ゲリワーク】2021_7_17【 チャットボット導入「資料請求・トライアル」】

ワーク感想

ペンチャットボット導入
間違いなく今まで一番難しいテーマでした。企業向けのテーマである為か、知恵袋などで探しても極端に数が少なかったです

ペンチャットボット導入
何気にデメリットが多くて、それを潰していくことと必要性の訴求が大事だと思いました。

ペンチャットボット導入
企業向けなのでやりづらかったけど、調査は普段通りできました。リードとか意味をわかってない単語はサイト作成するなら勉強してからでないとだめかなと感じました。

ペンチャットボット導入
この案件はターゲットが明確なので、アクセスが集まるサイトが作れれば他のサービスも紹介できる気がします。

ペンチャットボット導入
わからなすぎて雲をつかむような作業だった。個人商店が使うとは思えないし、チャットボットを導入しようという企業に刺さるコンテンツを作れる気がしない…。

ペンチャットボット導入
これまでで一番難しいのではと言われ確かに自分では導入しそうにないものなので困ったが、チャットボットだって一つの商品だと思い、これまでのようにやってみた

ペンチャットボット導入
チャットボットの案件があることすら知りませんでした。まったく知らない世界だったので調べてみた所、これからどの会社も取り入れる仕組みになるものだと知りました。難しい案件でしたが面白かったです。

ペンチャットボット導入
とても便利なものだと思った。特に何百人も抱える企業や組織に使えると思った。人件費をかけるよりチャットボットを導入した方がいい気がした。

ペンチャットボット導入
AD運用の記事LPでも使えたら面白いのかなと思いました。

ペンチャットボット導入
今回はBtoBの案件で、サービス内容をしっかり理解していないと、適切なメリットやデメリットを書くことは難しいと感じました。 ただ、一般向けのお悩み商品なども、悩みや商品知識を理解していないとメリット・デメリットなどを書くのは難しくなるので、どんな商品でも商品知識をちゃんと理解しておくのは大切なんだな、と思いました。

ペンチャットボット導入
このジャンルをやろうと思ったことがなかったので、いい経験になりました。この案件はお客様対応が大変なところなら、コスト面で魅力を感じてくれるのでは、と思いました。

ペンチャットボット導入
こういう本当にニッチなBtoB系の案件をどんどんやりたいです。 自分で探そうとすると結構ないし、アフィリエイターいないので攻めやすいかも?です。 多くをやれば知識も増えるし。

ペンチャットボット導入
アフィリエイターが相手にできそうなターゲットは、ECサイトで起業する個人事業主か合同会社代表しか想定できなかった。企業で勤めている担当部長さんを相手にするのは難しいと感じた。ほかの皆さんがこのテーマで、誰をターゲットするのかとても気になります。それらを共有できるのがワークの強みですね。学びが多いので毎週欠かさずワークには参加しています。テーマの選びからも秀逸で飽きさせないですね。さすが横ゲリです。

ペンチャットボット導入
買い切りで安く導入できるなら、アフィリエイトサイトにチャットボットを導入しも面白そうだと思った。

ペンチャットボット導入
チャットボットのワークは難しかったです。思ったより時間かかりました。集客ターゲット⇒会話もしない夫婦に向けて販売できるのではないでしょうか。要望を伝えたり、不満を伝えたり。

ペンチャットボット導入
難しかったですが、本業で関わっている部分でもあるため、興味深く取り組めました。 個人的には有人よりもボットのほうが問い合わせのハードルが低いのですが、回答内容の期待感も低い印象です。

ペンチャットボット導入
チャットボットの世界なんて、まるで知らなかったので、リサーチ、驚きの連続でした。トップアフィリエイターさんの中には、もう既に導入されていて、只今試験的に運用中!・・・なんて方もいらっしゃるかも知れませんね。

ペンチャットボット導入
はじめは何を書いたらいいかイメージしにくかったのですが、りんやんさんのサイトのコメントをみたらかけました。確かにいろいろなキーワードで使えそうです。

ペンチャットボット導入
自分が実際サイトを利用するときもチャットボットがあるサイトは便利だなと思っていました。 簡単にコスパよく導入できるならよいなと思いました。 ただサイト作成するときターゲットをどこに置くか考えないとなかなか太刀打ちできないのではという不安もありますね。

ペンチャットボット導入
PCのFAQページで調べているのにチャットボット画面が邪魔で文字が見えない。「ウザい」と思っていましたがツールの特徴・メリットを調べていくうちに魅力的に感じ大手企業が導入する理由に納得しました。ミニサイトセミナーで学んだサイト構成をつくりましたが、チャットボットのほうが面白そうなので変更してサイト作成してみようと思います。

ペンチャットボット導入
まず「チャットボット」を提供するサービス一般について理解するのが、専門用語も多くて大変でした。そして、チャットボットのメリット・デメリットについて考えれば良いのか、そのジャンルで「sinclo」というサービスを選択することのメリット・デメリットについて考えれば良いのかという部分でも悩みました。でも、着地点としては「sinclo」をお勧めするとしても、ニーズとしては「ネット上での顧客対応を効率化したい」だと思ったので、そこを意識してリサーチを行いました。想定するターゲットとしては「大手プラットフォームから撤退して自社のECサイトを充実させたい会社」というのがタイムリーな気がします。少し難しかったですが、今回も勉強になるお題を有難うございました。

ペンチャットボット導入
いつもとおもむきが変わりまた違う方面の勉強になりました

ペンチャットボット導入
企業向けの案件で初めてでしたが、楽しかったです。なぜなら、個人ターゲットにはない企業側の裏事情がリサーチで知ることができたからです。例えば、カスタマーサポートでは、企業側はマニュアルを読んで欲しいと作っているに、全く読まないユーザー側の事情とかの悩みが初めて知ったからです。だから、個人ターゲットのみのボレットを集めているより知らないことを知れたので楽しかったです。チャットボットは最近よく見るサービスで、胡散臭いサービスと思っていましたが、横浜の水道局も試験的に導入しており、これからは常識のサービスと確信しました。今は企業だけですが、いずれは個人のアフィリエイトでも採用できたほうがCVも上がるため、導入のターゲットにアフィリエイターも入るかと思います。メモレコとチャットボットの組合せで計画できる案件でした。

言語解析結果↓

ワードクラウド


スコアが高い単語を複数選び出し、その値に応じた大きさで図示しています。 単語の色は品詞の種類で異なっており、青色が名詞、赤色が動詞、緑色が形容詞、灰色が感動詞を表しています。


単語出現頻度


文章中に出現する単語の頻出度を表にしています。単語ごとに表示されている「スコア」の大きさは、 与えられた文書の中でその単語がどれだけ特徴的であるかを表しています。 通常はその単語の出現回数が多いほどスコアが高くなりますが、 「言う」や「思う」など、どの文書にもよく現れる単語についてはスコアが低めになります。

共起キーワード


文章中に出現する単語の出現ハ゜ターンか゛似たものを線て゛結んた゛図です。出現数か゛多い語ほと゛大きく、また共起の程度か゛強いほと゛太い線て゛描画されます。

2次元マップ


文章中て゛の出現傾向か゛似た単語ほと゛近く、似ていない単語ほと゛遠く配置されています。距離か゛近い単語はグループにまとめ、色分けしています。


係り受け解析


係り受け解析では、「名詞」に係る「形容詞」「動詞」「名詞」についての解析結果を表示します。 「スコア」は、出現回数やその係り受け関係が全組み合わせのうちに占める割合などを複合的に判断し、独自に算出した数値です。 「スコア」が高いほど、よりその係り受け関係が重要であることを示します。 また、単語の後に「(否: 50%)」 などとついている場合、 集計された係り受け関係のうち50%が否定表現(例:「高い」→「高くない」)として使われていることを意味しています。 ネガポジは名詞にかかる形容詞がポジティブ(ネガティブ)な単語かどうかを表しています。

階層的クラスタリング


文章中での出現傾向が似た単語をまとまりとしてとらえられるよう樹形図で表したものです。グループは色分けして表示しています。

-言語解析結果

© 2021 週末ゲリラワーク