言語解析結果

【週末横ゲリワーク】2021_9_11【マンツーマン キャリア分析】

ワーク感想

ペンマンツーマン キャリア分析
ワーク参加2回目です。前回と比べ、項目がより具体的でリサーチしやすかったです。リサーチしやすかった≒似たような箇条書きが多くできてしまったので、話が逸れない程度にバリエーションを増やすのに苦労しました。

ペンマンツーマン キャリア分析
今回はメリットのリサーチが難しかったです。今回の案件を選ばれた理由は、今後同じようなサービスが増えていく事を見越してのことでしょうか(転職支援サービスというよりカリスマ経営者が行うコーチングのサービスだと思ったので)

ペンマンツーマン キャリア分析
通常の転職サイトではないので難しいと感じました。しかしこれだけの料金を払ってまで自分のキャリアを見直したい人がいるとは正直驚きました。

ペンマンツーマン キャリア分析
キャリアへのアドバイスは、転職エージェントが主催する相談会やキャリアコンサルタントのアドバイスがほぼ無料なので、これほんとに利用する人いるのかな?とは思いました。自分を商品としてうまく見せることは大事ですが、中身伴ってなくて入社しちゃったらつらくないか?と心配。

ペンマンツーマン キャリア分析
新しいジャンルであり、今のニーズを満たしていると思うのでおもしろいジャンルだと思いました。

ペンマンツーマン キャリア分析
転職エージェントのネガティブワードなら成約できそうな気がした。それ以外だと訴求の仕方が難しいと思った。

ペンマンツーマン キャリア分析
転職エージェントとの比較として面白いサービスでした。ただ、まだそれほど認知されていないのか、こういったサービスを使った人が少ないようで、リサーチで少し情報を集めるのに苦労しました。なかなかの金額のサービスなので、ある程度年収が高い人をターゲットに集めるののがポイントかなと思いました。

ペンマンツーマン キャリア分析
転職活動等をとくにやったことがない自分にとって、いまいち掴みかねる案件ですね。バリバリ仕事したいという人が受けるイメージです。

ペンマンツーマン キャリア分析
以前の転職エージェントの真逆を行くサービスですね。メリットとデメリットが両方とも訴求できるサービスってなかなか無いですので、便利なものを紹介していただいたので、大変助かります。久しぶりのノーマル?なボレット集めでしたので、集めるのにちょっと時間が掛かりました。

ペンマンツーマン キャリア分析
私が就職活動をしていた頃には無かったサービスなので新鮮でした。キャリアと言う言葉が若者には普通の言葉だという事も初めて知りました。ベネフィットは転職活動がうまく行く事に絞るのか、転職が成功した後の話なのかで迷いました。

ペンマンツーマン キャリア分析
この案件を見つけたのが素晴らしいと思いました。少しひねった案件なので、キーワードもまだいろいろありそうですし、なんだかとても期待がもてました。

ペンマンツーマン キャリア分析
今回もデメリットが難しかったです。けっこう費用が高額なので申し込む層が限られると思いますが、最短で適職にたどり着くための自己投資である点を上手く訴求できれば、成果ポイントが「無料カウンセリング」ですし、成約できそうな案件だと思いました。ターゲットとしては、20代を想定した場合は本人以外にも「ニートやフリーターの子を持つ親」なども対象になるのではと思いました。

ペンマンツーマン キャリア分析
転職というと人材エージェントがメインだったので今回の案件は新しい印象を受けました。申し込み料金が高いですが、成果地点が無料キャリアカウンセリングというのは良かったです。

ペンマンツーマン キャリア分析
キャリアコーチングというサービス自体を知らなかったのでそのようなジャンルを知れて良かった。20万円以上もするのに申し込む人がいるのか疑問だったが、リサーチで他にもキャリアコーチングのサービスが複数あると知って成り立っているジャンルなんだろうなと思った。ニューキャリアが新しいサービスなので口コミなどの情報がほとんど見つからないため時間がかかった。

ペンマンツーマン キャリア分析
ユーザーで無料で、アフィリの単価が高い案件は嬉しいです。こういう案件をどんどんやりたいです。

ペンマンツーマン キャリア分析
とても難しかったです。 無料で使える転職サイト、転職エージェントと比べて、こちらは求人紹介なしなのに50万円もお金がかかるので、申し込む人が少ないのではないかと思ってしまいました。 転職したい人の悩みや願望をもっと深掘りしないと、刺さる文章や納得のいく誘導を書くのは難しいと感じました。

ペンマンツーマン キャリア分析
このサービスを見たときに、考えが固まってしまっている自分も相談に乗って欲しいと思いました。40台、50台の男性にも確実に需要はあるのではと思いました。

ペンマンツーマン キャリア分析
まんまのキーワードでは勝てないので、転職弱者を想定してみた。将来に子育てしながら仕事を続けたい女性、すでに子持ちのアラサー主婦に対し、時間を掛けて戦略的に転職や再就職を勧める。ヒトに焦点をあてズラしキーワードでサイト作りをイメージしてみました。高単価でやってみたい案件を教えてもらいありがとうございました。

ペンマンツーマン キャリア分析
利用金額が高くて驚きましたが、人生の分岐点に経っている人には刺さる案件だと思いました。

ペンマンツーマン キャリア分析
集客ターゲット:やりたいことがわからないけど仕方なく働いている若者

言語解析結果↓

ワードクラウド


スコアが高い単語を複数選び出し、その値に応じた大きさで図示しています。 単語の色は品詞の種類で異なっており、青色が名詞、赤色が動詞、緑色が形容詞、灰色が感動詞を表しています。


単語出現頻度


文章中に出現する単語の頻出度を表にしています。単語ごとに表示されている「スコア」の大きさは、 与えられた文書の中でその単語がどれだけ特徴的であるかを表しています。 通常はその単語の出現回数が多いほどスコアが高くなりますが、 「言う」や「思う」など、どの文書にもよく現れる単語についてはスコアが低めになります。

共起キーワード


文章中に出現する単語の出現ハ゜ターンか゛似たものを線て゛結んた゛図です。出現数か゛多い語ほと゛大きく、また共起の程度か゛強いほと゛太い線て゛描画されます。

2次元マップ


文章中て゛の出現傾向か゛似た単語ほと゛近く、似ていない単語ほと゛遠く配置されています。距離か゛近い単語はグループにまとめ、色分けしています。


係り受け解析


係り受け解析では、「名詞」に係る「形容詞」「動詞」「名詞」についての解析結果を表示します。 「スコア」は、出現回数やその係り受け関係が全組み合わせのうちに占める割合などを複合的に判断し、独自に算出した数値です。 「スコア」が高いほど、よりその係り受け関係が重要であることを示します。 また、単語の後に「(否: 50%)」 などとついている場合、 集計された係り受け関係のうち50%が否定表現(例:「高い」→「高くない」)として使われていることを意味しています。 ネガポジは名詞にかかる形容詞がポジティブ(ネガティブ)な単語かどうかを表しています。

階層的クラスタリング


文章中での出現傾向が似た単語をまとまりとしてとらえられるよう樹形図で表したものです。グループは色分けして表示しています。

-言語解析結果

© 2021 週末ゲリラワーク