言語解析結果

【週末横ゲリワーク】2021_10_23【タウンライフ不動産売却一括査定】

感想&「誰を」集客ターゲットにすると効率よく販売できると感じましたか?

ペン不動産売却一括査定
不動産を売却したい人は引っ越ししたい人と被ることもあると思った。悩みの種類によっては引っ越しの資料請求もいっしょにおすすめできそうだった。不動産を売る前にリフォームをしたいという人もいたのでリフォームの資料請求もおすすめできそうだった。

ペン不動産売却一括査定
デメリット・メリットが似たようなもので少ないイメージでした。訴求はいろんなアプローチがありそうです。

ペン不動産売却一括査定
無料一括査定でアフィリ報酬が高いので、当たるとでかい。ただライバルも強そう。

ペン不動産売却一括査定
失敗談がリサーチの宝庫でしたが、スーモーとかマンションナビとか体験談等のキーワードでは絶対に上がらないため、キーワードを意識しないサイト構成が胆なことも改めて勉強になりました。ただ、これだけ体験談や失敗談のサイトが多いと外注で収集したものでサイト構成も沈没するため、何かヨコゲリ式な解決策を教えていただけると幸いです。

ペン不動産売却一括査定
高齢社会で、地域によったら空き家が多くみられます。高齢の両親の不動産を売却した層は多いと思いました。この一括査定見積もりの案件は成約しなくても良いのか気になりました。タウンライフの住宅関連の案件は沢山ありますが、どれも成約しなくてもいいのか?それもとも一部成約しなければ行けないのか?などが分かればありがたいです。

ペン不動産売却一括査定
一括査定系の案件はデメリットに苦労します。 前回のボレットの 3.検索キーワードおよびタイトルはどんなものにする?【箇条書きOK・商標ワードは禁止】 という項目においては、自分はSEO的な要素を意識して考えたのですが、これはSEOを重視している項目という認識でよろしいでしょうか。

ペン不動産売却一括査定
いろんな切り口が考えられるなと思いました。切り口やターゲットのヒントになる考え方やサイトなどあれば、教えてほしいです。

ペン不動産売却一括査定
不動産売却は金額が大きいので、一括査定は訴求しやすいです。自分が戦える場所をいかに見付けるかがカギですね。

ペン不動産売却一括査定
毎回思っていたのですが、特に「デメリット」については5つ書くのは正直しんどい。

ペン不動産売却一括査定
不動産売却のきっかけ統計を見ると4人に1人が相続関連ということで、想像よりも多くて驚きました。今回は全体の約1割を占める「住宅ローンの滞納」関連をテーマにやってみましたが、緊急度の高いKWとしては滞納系かなという印象を受けました。

ペン不動産売却一括査定
高齢の両親をテーマに今回考えていたら、あるキーワードで1位のサイトは高齢者向け住宅へ住み替えへと誘導していました。 高齢の親の悩みからの誘導はライバルはそれほどつよくなさそうだったのでやってみようと思います。

ペン不動産売却一括査定
相続した土地、実家を売却したい人を主にターゲットにしました。無料一括サイトは便利ですが場所によっては検索結果ゼロになるのが弱点かと思います。その弱点をどうつぶせば良いか?それともアフィリエイターはそこまでは気にしなくていいのか迷うところです。

ペン不動産売却一括査定
タウンライフの案件はどれも似たものが多くてやりにくそうだと始めは思ったが、注文住宅、リフォーム、不動産一括査定、それぞれ切り口を変えると無限にサイトができる気がしてきた。

ペン不動産売却一括査定
動くお金が大きいだけに、どうすれば集客につながるのか?ターゲットが難しいと感じました。

ペン不動産売却一括査定
親が亡くなり、空き家放置できない人かな…。うちの両親も、祖母の実家手放す時大変そうでした。

ペン不動産売却一括査定
新聞記事に、コロナ渦の影響で都会を離れたいと考える人が多くなっているという統計が示されていました。不動産物件の所有者はそれを売却したり、賃貸に出したりして移住をするのでしょうから、不動産系のアフィリエイトは今後よい波が期待できる気がします。しっかり取り組んで、要領を得ておきたいと思いました。

ペン不動産売却一括査定
売却することのベネフィットってナニ?売却して新居購入や新天地への引っ越しによるベネフィットにしてみた。通常のフォームでは書きにくかった。

ペン不動産売却一括査定
馴染みのない案件でしたが結構面白かったです

言語解析結果↓

ワードクラウド


スコアが高い単語を複数選び出し、その値に応じた大きさで図示しています。 単語の色は品詞の種類で異なっており、青色が名詞、赤色が動詞、緑色が形容詞、灰色が感動詞を表しています。


単語出現頻度


文章中に出現する単語の頻出度を表にしています。単語ごとに表示されている「スコア」の大きさは、 与えられた文書の中でその単語がどれだけ特徴的であるかを表しています。 通常はその単語の出現回数が多いほどスコアが高くなりますが、 「言う」や「思う」など、どの文書にもよく現れる単語についてはスコアが低めになります。

共起キーワード


文章中に出現する単語の出現ハ゜ターンか゛似たものを線て゛結んた゛図です。出現数か゛多い語ほと゛大きく、また共起の程度か゛強いほと゛太い線て゛描画されます。

2次元マップ


文章中て゛の出現傾向か゛似た単語ほと゛近く、似ていない単語ほと゛遠く配置されています。距離か゛近い単語はグループにまとめ、色分けしています。


係り受け解析


係り受け解析では、「名詞」に係る「形容詞」「動詞」「名詞」についての解析結果を表示します。 「スコア」は、出現回数やその係り受け関係が全組み合わせのうちに占める割合などを複合的に判断し、独自に算出した数値です。 「スコア」が高いほど、よりその係り受け関係が重要であることを示します。 また、単語の後に「(否: 50%)」 などとついている場合、 集計された係り受け関係のうち50%が否定表現(例:「高い」→「高くない」)として使われていることを意味しています。 ネガポジは名詞にかかる形容詞がポジティブ(ネガティブ)な単語かどうかを表しています。

階層的クラスタリング


文章中での出現傾向が似た単語をまとまりとしてとらえられるよう樹形図で表したものです。グループは色分けして表示しています。

-言語解析結果

© 2022 週末ゲリラワーク