言語解析結果

【週末横ゲリワーク】2021_11_05【バーチャルオフィス】

2021年11月12日

感想&「誰を」集客ターゲットにすると効率よく販売できると感じましたか?

ペンバーチャルオフィス
「問題提起・具体的な悩み」のブレットがやや重複気味になってしまうので、難しかったです。

ペンバーチャルオフィス
【ラスト】このジャンルのワークをやってみた感想(任意)・および、お題以外でも「誰を」集客ターゲットにすると効率よく販売できると感じましたか?

ペンバーチャルオフィス
このようなサービスがあることを初めてしりました。個人で事業をする人にはとてもいいサービスと思います。

ペンバーチャルオフィス
この場合、ジャンル的に一般ワード(バーチャルオフィス 比較)などのキーワードで攻めるのか?どういう風にサイト設計をするのか?など参考例があると助かります。

ペンバーチャルオフィス
とても難しかったです。「ややこしくない」ということを伝える必要があると思いました。

ペンバーチャルオフィス
ネットビジネスの起業家で使っている人は多いと思いますが、個人事業主や小規模なビジネスにはよさそうだし、時流に合っていて伸びそうに感じました。狙うなら、ネットビジネス起業家や個人事業主をメインで狙います。

ペンバーチャルオフィス
バーチャルオフィスのデメリットが難しいと感じました。これから個人事業主や起業する人も増えるようなので需要がありそうですね。

ペンバーチャルオフィス
バーチャルオフィスを持つような女性向けの仕事って何だろうと考えています。

ペンバーチャルオフィス
バーチャルオフィスを知っている人は私を含めて少ないので、詐欺も増えそうですね。詐欺への注意点を訴求してあげると利用してくれそうです。他には、ユナイテッドオフィスと他のバーチャルオフィスの違いをわかりやすく説明してあげたら、ユナイテッドオフィスの良さが際立つのではないでしょうか。集客ターゲット⇒副業をしたいけど、家族の理解が得られない主婦の方

ペンバーチャルオフィス
何か平成初期に流行った住所貸しのサービスがバーチャルって名前になると急にクリーンなイメージにしてしまうようなサービスでした。リサーチするうちに自分でも使えるサービスと考え方になってきており、クリーンなイメージが本当に大事なことだと改めて思いました。メールで案内がありました女性起業家におすすめとありましたが、副業でしかも専業主婦におすすめできる料金プランでしたので、少し前に流行った大学生起業家って感じの専業主婦向けの情報発信もありかな?って思っています。

ペンバーチャルオフィス
現在自宅住所を出している副業があるので悩みはよくわかります。悩みをしらべていたらグーグルマップで自宅をぼかすことが可能ということもわかりました。ただ自分の自宅をぼかすと近所の人になんでだろうとおもわれそうで、それはそれで悩ましい・・・こんなことを解決できるのが今回のサービスですね。月3000円もしないくらいなら売り上げさえある程度ある副業なら魅力的です。貸し会議室の料金も安かったので将来的には本当に使ってみたいと思います。

ペンバーチャルオフィス
今回のワークのおかげで、コワーキングスペースとバーチャルオフィス、レンタルオフィスの違いが分かりました。副業をする作業スペースと環境が自宅に整っていれば、めちゃくちゃバーチャルオフィスで開業&法人化のハードルが低いと分かりました。私自身は子供がまだ小さいので有料ライブラリー(コワーキングスペースみたいなところ)で作業しています。アフィリエイター向けにも法人化の訴求できそうですね。

ペンバーチャルオフィス
思いつくのは主婦の副業だったり、士業だったりですが、今の時代もっともっと知らない仕事がたくさんありそうで、奥深いです。

ペンバーチャルオフィス
事業をこれから始める人とすでに行っている人では動機が違うので訴求の仕方も変わってくると思った。

ペンバーチャルオフィス
法人登記は住所移動にお金がかかるので、バーチャルオフィス側からすると、一度法人設立してもらったら、離脱されにくい状態で継続して月額費をもらえるので、いい商売だな、と感じました。

ペンバーチャルオフィス
面白い案件ですね。オフィスを持つ気分が十分味わえるのと実際オフィスを持ちたい人には便利に使えそうですね

ペンバーチャルオフィス
例えば私は自宅で自営業を営んでいますが、Googleストリートビューで「事業所住所」を検索すると築60年の古びた木造住宅が表示されます。もし私のサービスに興味を持った人がそのような検索行動をとった場合、かなりの確率で「他を探そう」となる気がします。そうした視点で見ると、ブランディングが大切な業態で起業する方に向けた「Googleストリートビュー対策」という切り口も有効なのではという気がしました。

言語解析結果↓

ワードクラウド


スコアが高い単語を複数選び出し、その値に応じた大きさで図示しています。 単語の色は品詞の種類で異なっており、青色が名詞、赤色が動詞、緑色が形容詞、灰色が感動詞を表しています。


単語出現頻度


文章中に出現する単語の頻出度を表にしています。単語ごとに表示されている「スコア」の大きさは、 与えられた文書の中でその単語がどれだけ特徴的であるかを表しています。 通常はその単語の出現回数が多いほどスコアが高くなりますが、 「言う」や「思う」など、どの文書にもよく現れる単語についてはスコアが低めになります。

共起キーワード


文章中に出現する単語の出現ハ゜ターンか゛似たものを線て゛結んた゛図です。出現数か゛多い語ほと゛大きく、また共起の程度か゛強いほと゛太い線て゛描画されます。

2次元マップ


文章中て゛の出現傾向か゛似た単語ほと゛近く、似ていない単語ほと゛遠く配置されています。距離か゛近い単語はグループにまとめ、色分けしています。


係り受け解析


係り受け解析では、「名詞」に係る「形容詞」「動詞」「名詞」についての解析結果を表示します。 「スコア」は、出現回数やその係り受け関係が全組み合わせのうちに占める割合などを複合的に判断し、独自に算出した数値です。 「スコア」が高いほど、よりその係り受け関係が重要であることを示します。 また、単語の後に「(否: 50%)」 などとついている場合、 集計された係り受け関係のうち50%が否定表現(例:「高い」→「高くない」)として使われていることを意味しています。 ネガポジは名詞にかかる形容詞がポジティブ(ネガティブ)な単語かどうかを表しています。

階層的クラスタリング


文章中での出現傾向が似た単語をまとまりとしてとらえられるよう樹形図で表したものです。グループは色分けして表示しています。

-言語解析結果

© 2022 週末ゲリラワーク