言語解析結果

【週末横ゲリワーク】2022_01_15【マルチファンクションライト】

質問!

『その他』の回答

ペンAnswer
  キーワード軸も商品軸でボレットしてから探したため両方あると助かります。

ペンAnswer
  どちらのワークも参加することによって商品について深くリサーチすることができるので両方(例えば隔週で交互とか)がいいです。今年もよろしくお願いします!

ペンAnswer
  ハイブリッド型か交互(商品:KW=7:3)がいいです。どちらも役立ちます。サテライトサイト作るのに商品軸ワークはありがたいです。キーワード軸は視点を変えられる気づきがありそうです。

ペンAnswer
  んーこれでいいのだろうか。ちょっと、まだ一回では判断しかねます。

ペンAnswer
  交互に両方やっていただると嬉しいです。キーワード軸は他の方の考え方も学べるのでとても良いと思います。

ペンAnswer
  今までの商品軸にキーワード軸を混ぜたものが実践的で役立つと思いました。先に商品軸でボレットしてから、ターゲット軸として、ターゲットとキーワードを探すところから始めたいです。可能であれば、見出し程度のサイト構成を作って共有したいです。

ペンAnswer
  今回のキーワード軸も従来の商品軸もなやみがメインなのでその商品を必要とするなやみ軸というのがあってもよいと思いました。

ペンAnswer
  今回のキーワード軸も従来の商品軸も交互にお題を挙げていただけると嬉しいと思いました。

ペンAnswer
  今回の作成例などあるとうれしいです。2−3回はテストしてみたい。

ペンAnswer
  商品軸にキーワード軸を合わせるとより実践的なワークになると思います。イチ週末で時間的にキツイなら、2週に分けて、最初は商品軸、次週はキーワード軸でもいいですので、両方お願いしたいです。

ペンAnswer
  両方ともスキルにはなるのですが、商品軸は手軽にテストマーケティングとサイト量産が可能、キーワード軸はド直球なお客さんが呼べるサイト作りができる、と性質が異なるワークですので、どちらか一方というよりは可能なら両方別曜日の開催が良いです。みんなが集めたボレットでサイト量産できなくなるのも困るし、キーワード軸での思考法をワークできないのも困ります。

ペンAnswer
  両方を交互に、両軸を適当に混ぜながら

言語解析結果↓

ワードクラウド


スコアが高い単語を複数選び出し、その値に応じた大きさで図示しています。 単語の色は品詞の種類で異なっており、青色が名詞、赤色が動詞、緑色が形容詞、灰色が感動詞を表しています。


単語出現頻度


文章中に出現する単語の頻出度を表にしています。単語ごとに表示されている「スコア」の大きさは、 与えられた文書の中でその単語がどれだけ特徴的であるかを表しています。 通常はその単語の出現回数が多いほどスコアが高くなりますが、 「言う」や「思う」など、どの文書にもよく現れる単語についてはスコアが低めになります。

共起キーワード


文章中に出現する単語の出現ハ゜ターンか゛似たものを線て゛結んた゛図です。出現数か゛多い語ほと゛大きく、また共起の程度か゛強いほと゛太い線て゛描画されます。

2次元マップ


文章中て゛の出現傾向か゛似た単語ほと゛近く、似ていない単語ほと゛遠く配置されています。距離か゛近い単語はグループにまとめ、色分けしています。


係り受け解析


係り受け解析では、「名詞」に係る「形容詞」「動詞」「名詞」についての解析結果を表示します。 「スコア」は、出現回数やその係り受け関係が全組み合わせのうちに占める割合などを複合的に判断し、独自に算出した数値です。 「スコア」が高いほど、よりその係り受け関係が重要であることを示します。 また、単語の後に「(否: 50%)」 などとついている場合、 集計された係り受け関係のうち50%が否定表現(例:「高い」→「高くない」)として使われていることを意味しています。 ネガポジは名詞にかかる形容詞がポジティブ(ネガティブ)な単語かどうかを表しています。

階層的クラスタリング


文章中での出現傾向が似た単語をまとまりとしてとらえられるよう樹形図で表したものです。グループは色分けして表示しています。

-言語解析結果

© 2022 週末ゲリラワーク